FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-442)  クリスマス・キャロル  (2回目)

  1. 2012/09/09(日) 22:30:00_
  2. ロナルド・ニーム 
  3. _ comment:0
再見  SCROOGE  (クリスマス・キャロル)  1970年・イギリス



クリスマス・キャロル BD




 

.


2012年9月9日(日) 
2001年のクリスマスにBS2でオンエアしたのを録画したVHSを見ました。

監督 ロナルド・ニーム
主演 アルバート・フィ二― (スクルージ 役)



感想の前に

初見時のオンエアもNHKだったのですが、
字幕そのものも優しく訳して、女性アナウンサーの説明も、
全部が「子供向き」になっていたようですが、

今回は多分普通の訳し方だったと思いますし、
説明等もなく、大人の鑑賞に完全にこたえる内容になっていました。

録画して11年、多分、見ていないと思います。
VHSは見られるうちは良いですが、ハードが壊れたら
それで終わりですので、今のうちに見なくてはと思い、見ました☆



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



感想

やっぱり今の私が見るには、このような普通の字幕作品が良かった!!!
多分、録画して今まで見なかったのも意味があると思います。

スクルージの変わり方とか、
ちょっと極端で笑えるのかもしれないけど
コレで良いと思います、つくづく・・・。

原作も読んでいますが、忘却の彼方で、いまひとつ・・・
ただ、暗い話だったようには思います。

過去の霊は、別れた彼女だったのでしょうか?
幸せな少年・青年だったのに・・・と思いますよね・・・
その時には分からないいろんな事、若さがなくなってから気付く事・・・

現在の霊は、どうしようもなく、スクルージ自身だったのかもしれませんね?
裏返しな意味で・・・
見ようとしない事、見ない事、感じようとしない心、感じなくなる心・・・

未来の霊は、やっぱり死神なのかな?
お友達が色々と教えてくれたし、
自分が死んで町中の人が喜んで踊りまわるのを見たら、
誰だってショックだよね~(爆)。

でも、この話の中で、病気の子供を使って何かを訴えようとしていたけど
あれは私の目から見ると「どうかな?」って思います。
だって、病気で死ぬ子供は、病気で死ぬのですから、
この話のように使って、健康にするのは、ご都合良過ぎ!

それと同じで、改心して、色々と優しくするのは良くても、
貸したお金を返さなくて良い、というのは、失笑ですわ・・・ほほほ。
まぁ多分、今まで利息とりすぎていたから、
その分までチャラにして、その後は普通の利息で
良い金貸しになるという意味だと思おうと思いました(笑)。

初見時も、今回も、同じように思うのは
この映画は、とても楽しいミュージカルだということです♪
なので、お話がこういう感じでも、暗くならないのですよね~!

で、気付いてしまったのは、主演俳優!
「オリエント急行殺人事件」でも主演で、この映画でも!!!
どちらも若いときから好きな作品で、

この俳優も、あんまり好きでもなかったけど
私の映画人生にはなくてはならない人なのだな~と気付きました♪

そんな感じで、良い再見になりました。
感謝です☆



初見時感想はこちら  →  クリスマス・キャロル(70・英) ・・・ 1-442 





<<2-1809  恋する遺伝子 | BLOG TOP | 2-1808  ワールド・オブ・ライズ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31