映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-330)  悲愁  (2回目)

  1. 2014/05/23(金) 22:00:00_
  2. ビリー・ワイルダー
  3. _ comment:0
(1-330)  FEDORA  (悲愁)  1979年・アメリカ



悲愁





 
.


2014年5月23日(金)  セルDVD

監督 ビリー・ワイルダ―
主演 ウイリアム・ホールデン / マルト・ケラー

感想
初見時はムカついていたようですが、結構良い映画でビックリしました。
ただ、映画内のセリフのように私的にはこの映画は
「初見時は早過ぎて、再見時は遅すぎた」と思います。

俳優陣も良いし、監督の演出も良いけど、
結局初見時は「映画好き小娘的に、作りの許せない作品」で
今回は「子供を愛さない親的に許せない作品」でした。

でも「笑う男」の件と言い、世の中には子供よりも自分が大事という人はいるんだろうね・・・
それは簡単な意味ではなく、命をかけた意味で。
なので作りは良かったけど、感動はしなかったです。

「サンセット大通り」との関連は、あんまり感じなかった。




初見時感想はこちら  →  悲愁(79・米) ・・・ 1-330





<<5-352  イルカと少年  /  他・春のファミリー企画に参加しました。 | BLOG TOP | 5-351  サン・ス―シの女>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


映画館で驚いたこと☆

今日行った映画館で、普通にわらわら売っているDVDたちではなく、カウンターの前のガラスケースに入ってしずしずと鎮座ましましていたのは、売れ筋?の「君の名は。」の隣に・・・「エル・スール」!!! ビックリ仰天して2度見しましたよ、それもDVDとBDの両方!!! 誰が買うのか?と非常に疑問・・・私は手持ちのそれを再見しようかな?という気持ちになりました(笑)。

このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -