FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1944  殺意の夏 

  1. 2012/12/01(土) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
L' ETE MEURTRIER  (殺意の夏)  1983年・フランス



殺意の夏




 
.


2012年12月1日(土)  イマジカ

監督 ジャン・べッケル
主演 イザベル・アジャーニ (エル 役)



感想の前に・・・
この作品は昨年【 ブログDEロードショー 】にリクエスト頂いて、
レンタルには なかったので 鑑賞出来なかった6作品のうちの一つです

11月にオンエアがあって、1年遅れですが、やっと見られました。
サガさん、リクエスト頂き、有難うございました。



感想
最初のうちは、イザベル演ずるエルが、あっちでポロリ
こっちでちらり、とうとう大胆に すっぽんぽん!!!
っていうわけで「なんという映画だろうか???」と思って見ていたんですけど、

30分を過ぎた頃からでしょうか?
主演以外の人物の独白が入るようになってからは、面白くなりましたね~俄然。

ただ・・・どうしても私には
“自分が生まれる前の母親の受けた仕打ちの復讐”というのが、
よく分からなくて・・・
そんなこと、子供が知る機会ってあるのかな??? 
(この疑問は結局、最後まで見ても解き明かされませんでした)

それにたとえ知ったとしても、それをどうこうする気になる~?
「このエルっていう子が変人だから」のひと言で済ませるのもちょっとね~?

男女構わずに そういう事するし、ものすごく下品・・・
あ~最後まで見て、とうとうそんな事になってしまって、
全員不幸だし、お話としても かなり 無理があるように思いました。

イザベル・アジャーニを 好きな人なら良いけど、
監督の技量も悪いし、他の出演者に魅力もなく、
駄作の部類かと思いました、残念。。。

それでも気になっていた6作品のうち、ひとつクリアして、
とっても良い気分です~♪



追伸:今思ったのですが、この映画を見て学べることがあるとするなら、
「人間は自分の人生を歩まなければならない」
という事だと思いました。


親のため(?)自分の人生を棒に振るような事はしてはならないのです。
(もちろん、自分がその事件を知っていればともかく、生まれる前の話ではね~???)




<<2-1945  キューティ・ブロンド / ハッピーMAX | BLOG TOP | 2012年11月の映画鑑賞についてのまとめ>>

comment

忘れてた!

  1. 2012/12/03(月) 10:24:56 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
そういえばリクエストされていたんでしたね…。いつもどおり調べたら評判がよろしくないのでスルーしてしまいました。不覚!!

>“自分が生まれる前の母親の受けた仕打ちの復讐”というのが、
よく分からなくて・・・

これはわたしもわかりそうにないです。もし復讐に駆り立てるものがあるとすれば、親にそう仕込まれたか、親が過去を引きずって子供への愛情を疎かにしている場合くらいだと思います。

>「人間は自分の人生を歩まなければならない」

こういう教訓を見つけ出してしまうところはさすがです!
わたしは面白くないと感じたら、さっさと次の作品に行っちゃうからなぁ。一回止まって、考える為にも感想を書くというのはいい事ですよね。

******************

あと、わたしが金髪や赤い口紅が嫌いなのは、気付いたらそうなってたみたいな感じなんですが、無理矢理理由をあげるとすれば…、
子供の金髪は大丈夫なので、”金髪=純粋無垢”なイメージを持っているみたいなんですよ。それがセクシャルに描かれるのが嫌なんだと思います。
思春期の頃にジョンベネ殺害事件の特集をみて衝撃を受け、子供が大人の真似をしたりさせられたりするのに嫌悪感を持ってるので…。
ちなみに、黒髪に赤い口紅はあまり気にならないみたいです。

「キューティブロンド/ハッピーMAX」についての感想がまったく同じで嬉しいです。ホント、前半の出来すぎな展開には呆れちゃいました。
でも、まっさらな気持ちで観られてよかったです。ご配慮ありがとうございました。

>ヒロインが製作者なので、どうしても演じたかったんでしょうね~???

それは気付きませんでした。彼女の代表作なのかな?
あのままやめておいた方が良かったけど、やはり思い出深い出演作では判断が鈍ってしまうんでしょうね~。3もあるみたいだけど、そちらにはさすがに出なかったみたいでよかった…。

>わざわざ犬にもゲイがいると言いたかったようなきがして、なんだかな~と思いました。

ですよね~。そういうの必要か?と思ってしまいました。

>ウィリアムをビリーと言うように、ロバートはボブと言うらしくて、
高校生の頃から、あの人の事はそう呼んでいたので・・・誰も知らないのね(涙)。

外国の名前の省略や愛称ってぜんぜんわからないです。もしかして?と思ったけど、スペルのどこをどうしたらボブになるんだ?と考えてしまって(笑)
明日に向って撃て!とかスティングの頃はピチピチしてましたね~。

Re: 忘れてた!

  1. 2012/12/03(月) 18:27:39 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> そういえばリクエストされていたんでしたね…。いつもどおり調べたら評判がよろしくないのでスルーしてしまいました。不覚!!

いえいえ私も最初はどこかで聞いた名前?程度でしたのよ~。

> これはわたしもわかりそうにないです。もし復讐に駆り立てるものがあるとすれば、親にそう仕込まれたか、親が過去を引きずって子供への愛情を疎かにしている場合くらいだと思います。

変な親子関係で、本人も変人なのですが、それだけではね~?ちょっとね~???

> こういう教訓を見つけ出してしまうところはさすがです!
> わたしは面白くないと感じたら、さっさと次の作品に行っちゃうからなぁ。一回止まって、考える為にも感想を書くというのはいい事ですよね。

そう仰って下さり、恥しいけど嬉しいです。
何というか・・・ふと浮かんだのです。
感想はいつも面倒だけど、やはり書くのは自分の気持ちの整理のためにも良いと思います。

> ******************

> あと、わたしが金髪や赤い口紅が嫌いなのは・・・以下

答えてくださり、ありがとう~。
あの事件は恐ろしかったし、報道の仕方がね~
思春期でしたか・・・それは私なんかよりずっと不快な想い出でしょうね~。

黒髪でも茶髪でも、ピンクの口紅でもオレンジでも、
犯罪をする人はするし、悪い人間は世界中にいますが、

宵乃さんのお若い心に「金髪赤い口紅がある種の象徴として」
埋め込まれてしまっているのですね・・・
率直に聞かせて下さり、本当に有難う。長年の疑問が解けました(笑)。

> 「キューティブロンド/ハッピーMAX」についての感想がまったく同じで嬉しいです。ホント、前半の出来すぎな展開には呆れちゃいました。
> でも、まっさらな気持ちで観られてよかったです。ご配慮ありがとうございました。

ハイ、無理のある展開は悲しいです。

> それは気付きませんでした。彼女の代表作なのかな?
> あのままやめておいた方が良かったけど、やはり思い出深い出演作では判断が鈍ってしまうんでしょうね~。3もあるみたいだけど、そちらにはさすがに出なかったみたいでよかった…。

「3」は本人は関係ないみたいですね・・・。
思い入れ深いのだと思いますが、せめて監督と脚本は
もう少しマシな人を選んで欲しかった(爆)。

> ですよね~。そういうの必要か?と思ってしまいました。

あの件はどう考えても不必要、あの議員と知り合うためだけのエピソードですものね?

> 外国の名前の省略や愛称ってぜんぜんわからないです。もしかして?と思ったけど、スペルのどこをどうしたらボブになるんだ?と考えてしまって(笑)
> 明日に向って撃て!とかスティングの頃はピチピチしてましたね~。

「もしかして」と思って下さり、有難う~。
何故ボブと言うのかは知らないのですが、慣例らしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88

私は高校生の頃に「ロードショー」という映画雑誌で、
淀川さんか荻さんか誰か忘れましたが、プロの人が
そう書いていたので、それで刷り込まれました。

今ならクリックですよね~(大爆)???
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31