FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-24  告発のとき

  1. 2013/09/16(月) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
IN THE VALLEY OF ELAH  (告発のとき)  2007年・アメリカ



告発のとき







 
.


2013年9月16日(月)  イマジカ

監督 ポール・ハギス
主演 宇宙人ジョーンズ (ハンク・ディアフィールド 役)

感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

少し前にオンエアがあって、やっと見ました☆
宵乃さんのイラストが気になっていたのです。

あのシーン・・・辛いですね・・・
とても静かなあの時間を、上手に再現(表現)なさっていると思います☆

>反戦のメッセージがずしりと響いてきて、ぐいぐい引き込まれました。

ちょっと全体的に穴があったように思いますが、反戦のメッセージはたしかに重くグイグイ迫ってきました。

>女刑事の息子が「なぜ王様は戦うのを許したの?まだ子供なのに」というセリフが痛烈。

これね・・・最後らへんでもう誰もがこの映画に対して ちょっと安心していた時に、グサーッときますよね♪ これこそ「脚本の勝利」でしょうね~?

>でも、一番印象に残ったのは、主人公の奥さんでした。

このヒトの事は、別の場所でまたお話したいと思います☆

>ただ、ちょっと気になった事がいくつかあって…

私が一番腑に落ちないのは、帰国後何故両親に連絡しなかったのか?という点です。まぁ精神的におかしかったのでしょうけど・・・

>まあ、2と3は実際の事件を基にしてるんだから、真実は闇の中という事なんでしょう(はっきり描かなかったのは疑ってるから?)。

これは同じように感じています。
ちょっと「脚本的に」やり方が汚いように思ったりして。。。

>4は麻薬でも入っていたらと思うと怖くて確認できなかったのかな?

これはそうだと思います。

>1は主人公が直接ベトナム戦争の惨さを目にしなかったとしても、聞いて知ってたはずですよね。・・・以下・・・

これは、よく分かりませんが、やはり時代が進んでいる分、戦争そのものは酷くなっていて、相手もそれなりになっていて、どちらの人間自体もそうなっているということではないかな~?と思います。
「プライベート・ライアン」を見た直後なので、戦争にも時代の反映があるように思えてならないです・・・。

>つまり、主人公はイラク戦争を支持していた懲りないアメリカ人の代表?

監督さんが「クラッシュ」の方なので、きっと深い意味があるのでしょうね~。
私にはよく分かりませんが、能面のようなお顔が、宵乃さんの書かれた通りなのかも?と思わせます。。。

>彼が逆さまの星条旗を掲げるラストが心に重くのしかかります。

いろんな意味で後味の良くない作品ですが、その象徴なのかもしれませんね?
国旗を上げる係の人が外国出身のようで「どうでも良いわ」的な感じが寂しかったです。

>う~ん、やはり限界が来ていた時の電話でのやりとりのせいじゃないでしょうか。・・・どれも耐えられないと思って逃げてしまったような気がします。

あ、そうですね~そういうご説明でしたらわかりやすいです。
あの電話のやり取りは、私的には、夢で見たのか、現実なのか、よく分からなかったです(恥)。

> 主人公はベトナム戦争を経験しているのに、なぜイラク戦争に息子を行かせたのか…。つまり、イラク戦争の酷さをまったく想像できなかったのか、聞いて初めて衝撃を受けるほど鈍いのか?ということです。

そういうことでしたか・・・
その件は、お母さんの事にも関わってくるので、19日にあちらでお話していただければ幸いです☆

>わたしも思いました。温度差がはっきり伝わってくるシーンです。
>彼のような無関心な外国人にも知ってもらいたいということなのかな?

彼も自分の祖国なら必死になるのにね・・・地球は1つって、幻でしょうか?寂しいです・・・。





<<(3-7)  幸福の条件  (2回目) | BLOG TOP | ハリウッド 白熱教室 第1回 「脚本」 を 見て思ったことなど>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -