FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-107)  カサブランカ  (3回目)

  1. 2013/09/08(日) 22:00:00_
  2. マイケル・カーティス
  3. _ comment:0
再々見  CASABLANCA  (カサブランカ)  1942年・アメリカ



カサブランカ 新画像




 

.


2013年9月8日(日)  2011年のNHKハイビジョンを録画保存したBD

監督 マイケル・カーティス
主演 ハンフリー・ボガード / イングリット・バーグマン

感想
この映画は、やはり名作だと思いました。  
(英語であることは、今の私から見ると、全くダメダメですけど、
 この映画の場合は、初見時が吹き替えだったので、気にならないのです)

全世代男性の方や、女のいやらしさを知らない少女や
もうそんなことはどうでもよくなる(超越?)高齢女性は
この映画の良さを、より多く・より深く・受け止めるように思います。

特に男性陣は、ボギーのカッコ良さ、男の中の男的な?
言うことやること「惚れ惚れ系」かもしれません・・・。

ただ、少女を卒業して高齢まではいっていない女(私だけではないと信じます)から見ると、
どうしてもあの「イルザ」なるヒロインのいやらしさに
この映画の一杯あるはずの「良い点」が全部吹っ飛んでしまう気がするんです・・・。

パリでの数日間、夫が死んだと信じ込んでいて、
決して遊びの気持ちではなかった事は分かります。

でも、でもね~!!!
何が「今も愛している事を信じて」だよ、全く、バカか、お前は!!!

この女は自分が美人だという事を知っているのです。
並みの容貌の女性なら言えないこと・言ってはいけないことも
スーッと言えて、周りの(おバカな)男どもが許すことを
幼いころからの経験で、知っているのです。
そこが、イヤらしいんです!!!  

この女の人となりを除けば、
この映画は、訴えたいことや筋運び、当時の世界情勢の重みの反映、
ヴィシー政権というモノのあやふやさ、
異国の地で必死に生き・逃げることだけを考える多くの男女の描写、
その人達をカモにして生きる多くの魑魅魍魎、そんな全部が良かったし、

何と言ってもボギーのカッコ良さは上にも書きましたが
今の時代から見ると笑える多くの仕草や言葉が
この時代の(1942年当時の、まさに現在の事を描いている)作品の中では
いくら背が低くても、光っているね~♪
そう素直に(初見時の少女のように)思えました。

・・・多分、再見時のあまりのショックに
(再見時は良い印象のまま見て、あの女のことを詳しく覚えていなかったのです)

今回は「サイテー女が出る」と思って見たので
かえって「あぁこの程度だったか」(大義について語っていたので)
くらいで終わって、あの女の印象の悪さは変わらないけど

作品そのものへの感想は、
初見時のまだ高校生の素直なあの感覚に似て、
本当に2011年で止めずに
再見出来て良かったと思っています☆

良い機会を有難うございました☆



追伸:この作品は7月頃にオンエアしていた南カリフォルニア大学の映画の先生の
講義の中で「光と影の使い方」で取り上げられていました。
今回、その部分も見て、かなり納得しました。
あの講義のことも、いつかブログにアップしたいと思います☆




初見時等の感想はこちら

カサブランカ(42・米) ・・・ 1-107
カサブランカ(42・米)(2回目) ・・・ 1-107 





<<5-13  SUPER 8/スーパーエイト | BLOG TOP | 5-12  鷲は舞いおりた>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -