FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1873  ディア・ドクター 

  1. 2012/10/18(木) 23:30:00_
  2. 西川美和
  3. _ comment:0
ディア・ドクター  2009年・日本



デイアドクター




 
.


2012年10月18日(木)  チャンネルネコ 

監督 西川美和
主演 笑福亭鶴瓶  (伊野治 役)

感想
何となく偽医者の話って知っていて、監督も好きではないので、
録画してから随分経ったけどやっと見ました。
余貴美子が賞を取ったらしいけど、出番多くないし、ちょっとね~???

内容だけどやっぱり一瞬良い物語のように思わせているけど、どっちにもとれる、
その人なりのお話になりそうですね。

えいたの医者が、医者の本音らしきことを言っていて興味深かった。「逆恨みしやがる」
警察は冷静だけど、その場にいて、その村民がそうなれるはずがない。
チョイ役に有名人を使うな!
井川遙は医者には見えん!
つるべはうまい事やっている感じ。
特に面白かったのが、偽医者だと分かった後に、あれほどお世話になっていたくせに、
掌を返したような、村民の態度!!!

そんな風な話に、私には見えました。
好きな八千草さんがやつれていて、演技うまいな~
ラストは笑顔で良かったけど、どうするんだろう? 
気持ち乱しやがったな~!なんて思いました。

医者の息子、医学部に行けず?行かず?
妻もいなかったらしいし、色々と変・・・
香川の役なんて、ホント意地汚くて、どこにでもいそうで、やな感じ、
そうやな感じが多過ぎるのよね~。

珍しく駅のホームで笑わせてくれたのだけは、良かった。

でもね、やっぱ、あのバイクで必死こいて逃げて行ったあの行動は良かったし、
あれを映して良かったです。
ラストの横顔もね、捕まっても良かったんだと思う。

免許持っていても、こころの冷たいバカ医者が多いからね、
偽医者でも上手であったかいならね?
便利な場所にしか住んだことがないから分からないけど、
不便な場所に住んでいない人に、この映画について語る資格はない・・・そう思ったりしました。




<<2-1874  ランダム・ハーツ | BLOG TOP | 2-1872  父 / パードレ・パドローネ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -