FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1856  みじかくも美しく燃え

  1. 2012/10/10(水) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
ELVIRA MADIGAN  (みじかくも美しく燃え)  1967年・スウェーデン



みじかくも美しく燃え




 
.


2012年10月10日(火)  レンタルVHS

監督 ボー・ウィデルベルイ
主演 ピア・デゲルマルク  (女芸人 役)
    トミー・ベルグレン  (伯爵 役)

感想の代わりに「セピア色の映画手帳」さんとのやり取り。

昔から見たかった映画なのですが、この度やっと見ました☆
この作品については、淀川さんの声が耳の奥から聞こえるのですが、ハッキリとした
音声にはならなくて・・・そんなことで、こちらの記事は鑑賞前から読ませて頂いています。

>作詞家の岩谷時子さんが付けた美しいタイトルの映画。

あぁそうでしたか!
これはタイトルを付けた岩谷さんが凄いのですね!
きっとこのタイトルでなければ
今現在まで、日本で見られ続ける映画ではなかったように思いますね~。

・・・この映画を見て、色々な映画の、色々なシーンを思い出したり、連想しました。
特に「映画音楽」とは、このように使うモノでしょうね~と、
最近見たサイレント映画と繋がるところがありました。

多分、若いときに見ていたら、こころに残る恋愛モノだったと思います。
今の私は、どうしても「子供を捨てる人間」が出てくると、苦しくなってしまうので・・・。
子供さえいなければ、妻を捨ててもそこまでは思わないんですけど(爆)。

「うたかたの恋」つい先日再見しました。T・ヤング監督の方です。
ラストシーンが、そちらの方が納得できたと言うか。
2回目の銃声の聞こえるのがもう少し遅い方が良いように思いました。
ストップモーションは大正解でした!!!



再見時感想はこちら  →  みじかくも美しく燃え(67・瑞典)(2回目) ・・・ 2-1856




<<2-1857  アイ・スパイ | BLOG TOP | 2-1855  草の上の昼食 >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -