FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2254  きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏

  1. 2013/07/19(金) 23:30:00_
  2. ウェイン・ワン
  3. _ comment:0
Because of Winn-Dixie 
(きいてほしいの、あたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏)  2005年・アメリカ



きいてほしいの あたしのこと




 
.


2013年7月19日(金)  レンタルDVD

監督 ウエイン・ワン
主演 アナソフィア・ロブ

感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

とうとう見ました☆
良い作品をご紹介下さり、有難うございました♪

>もう笑顔がおんなじ!

可愛い子ですよね~! やっぱ一番好きです☆
「チャーリーとチョコレート工場」で見ているらしいのですが
全然覚えていないので、いつか再見出来たらと思っています。
もう今年はハタチ、大人になってしまうんだな~と少し寂しかったりして・笑。

>自分と同じように孤独や悲しみを抱えている人がいる事、・・・以下

仰る通りで、いつもながらまとめ方が素晴らしい。

>人の言葉がわかるかのようなウィン・ディキシーや動物たちなど、ちょっぴりファンタジーな存在もなじんでました。

原作は子供さん向けらしく、多分あの犬さんが主人公なのでしょうね~?
そしてファンタジーが、多分、子供の目には事実に見えるのではないでしょうか?
うまく書けませんが・・・事実というより真実かな?

>手描きの地図などの小道具も良かったです。

コレは良かったです!

>児童小説が原作らしく、

あ、やはりそうだったんですね!

>優しく詩的なセリフが印象的でした。
>「旅立つものは引き留められない。優しくできるのはそばにいる間だけ」
>「人生はリトマス・キャンディーに似ている、甘さと悲しさが混ざってて分けることができない」などなど…。

さすがの監督だと思いました。
あと助演陣がものすごいですよね!
図書館の女性、「北北西に進路をとれ」のあの女優なのですものね~!!!

>隠し味は”悲しみ”というリトマスキャンディをちょっと食べてみたくなりました。

ハイ、同感です。
人によって全然違う味がするらしいので・・・ほほほ・・・。



************************



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。




・・・でも、この映画は、こう書いていくと秀作のようにも思えますが
最後の最後がかなり残念なことになっていました。

あの犬が帰ってくるのは(もしこれネタバレなら、削除してください)
タイトルでミスリードして、あのまま人間だけで、お酒もドラッグも煙草もない、
でも愛のあふれる讃美歌を歌うパーティをする事を完結した方が良かったように(私は)思います。

あの終わり方が、もし原作通りなら、邦題はかなりあくどいと思いました。
全体的にはとっても良かったのですが・・・。




<<2-2255  がんばれ!ベア―ズ | BLOG TOP | 2-2253  完全なる報復>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -