FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2238  ヘッドライト

  1. 2013/07/09(火) 22:30:00_
  2. アンリ・ヴェルヌイユ
  3. _ comment:0
DES GENS SANS IMPORTANCE  (ヘッドライト)  1955年・フランス



ヘッドライト




 
.


2013年7月9日(火)  セルVHS

監督 アンリ・ヴェルヌイユ
主演 ギャバンとアルヌール

感想の代わりに「セピア色の映画手帳」さんとのやり取り。

高校生の時にリバイバル上映があって宣伝を見て、
見に行きたくて行けなくて、ずっとくすぶっていた作品でして
ずっと忘れていたんですよね~監督好きでもないし(笑)。
(嫌いでもないですよ)思い出させてくれて、ありがとう~♪

>セレブではない、街の、どこにでも居そうな、しがない男女を描いたフランス映画です。

そうですね・・・。
まぁ今現在はこの内容だけでは面白いと思うヒトもいないと思いますが、
封切り公開当時は、この二人ですし、
世相的にも「身に覚えのあるヒト」が多かったようにも思うので、
本当に≪良い映画≫として受け入れられたと思います♪

ちょっと前に(数週間前)「フレンチ・カンカン」再見してしまって
あの二人だしな~と思って見始めたけど、
もう最初から大丈夫でした、大好きなフランスの田舎と、巴里のその辺。

ギャバンの娘さん役の女優さんが
他の映画で色々と見ていて、親しみ深く嬉しかったです、可愛いし☆
ギャバンの役柄は「霧の波止場」と似た感じもあったけど、まぁ良かったです。
同僚役の人、良い味出していましたね!

アルヌールさんは、結構いっぱい見ているのですが、この映画では
ジャンヌ・モローか?シモ―ヌ・シニョレか?と思わないでもなかったです。
私は彼女は明るい役柄の方が好きです☆

長くなりました。
>連れ込み宿のマダムの扱いが中途半端だし、
終盤、やっつけ仕事的になっていて残念でした。
もうちょっと丁寧に描いて欲しかった、マダムも本人も☆

長い間見たかった映画、良い機会を有難うございました♪

書き忘れました。 (miri)
2013-07-09 14:59:26
音楽がとっても良いですね~!
はい、素敵な50年代のフランス映画でした☆





<<2-2239  レイチェルの結婚 | BLOG TOP | 2-2237  普通の人々>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -