FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


チャップリン4作品、見ました☆

  1. 2014/02/17(月) 22:30:00_
  2. チャールズ・チャップリン (出演のみ作品含む)
  3. _ comment:0
5-233  A DAY'S PLEASURE  (一日の行楽)  1919年・アメリカ_

5-234  THE IDLE CLASS  (のらくら) 
(今現在の邦題:チャップリンのゴルフ狂時代)  1921年・アメリカ
 

5-235  SUNNY SIDE  (サニーサイド)  1919年

再見  (1-470)  THE PAY DAY  (給料日) 1922年・アメリカ



ccブルーレイBOX




 
.


2014年2月17日(月)  レンタルDVD

監督・主演・音楽 チャーリー

リマスターしていて、映像も美しく、音楽も冴えわたり、最初と最後の部分の黒も綺麗で、
素晴らしいDVDだったけど、最後の最後の2分間が見られず、ゲロゲロ。



A DAY'S PLEASURE   (一日の行楽)  1919年・アメリカ

感想
珍しくお金のある人のお話しで、あちこちで笑えなくはなかったけど
やっぱり浮浪者が似合っているかナ?
道路でのアレコレは、ちょっと酷いんじゃないの~?
子供が二人・・・このキャラは無理無理。
奥さんがエドナだったなんてビックリ・・・仰天するほどの事ではないけどね(笑)。



THE IDLE CLASS  (のらくら) 
(今のタイトルは:チャップリンのゴルフ狂時代)  1921年・アメリカ 
(結構な原題!・・・有閑階級)

感想
あれこれ面白かった。
ゴルフ場だけではないんだけど、その場所でのアレコレや
舞踏会でのアレコレ・・・
最初の方のズボンのない、それを隠すところも面白かった。
まぁエドナは綺麗で、二役はありがちだけど、見て良かった。



SUNNY SIDE  (サニーサイド)  1919年・アメリア

感想
これは内容はともかく、音楽がとっても乗れて良かった。
内容も可愛いと思えばいいんだけど、ずるいし、
最後もカワイ子ちゃんとルンルンだなんて
カッコマン可哀想だったし・・・
まぁありがちな作品でした。



再見  (1-470)  THE PAY DAY  (給料日)  1922年・アメリカ

感想
初見時感想は酷いな~(笑)。 初見時感想は  →  こちら1-470 
結構内容もあったし、
レンガの放り投げと受け取りとか、
お弁当のこととか、
奥さんにお金取られるところとか、
クラブを出たところの事、電車の事、
笑ったよね~!面白かった!
文句なく、のちの長編へのステップな感じ。
奥さんのことは、こういうのを貰うなというよりは、
こんなもんです現実はって感じだった。
エドナじゃないのは、キレイ過ぎるから?だよね?(役柄の監督の娘だよね?)
ラスト2分がイミフ。ちゃんとしたDVDを見たかった、残念。



*****************************



以下、頂いていたコメントです。



2014/03/04(火) 06:53:51 | URL | 宵乃 [ 編集 ]

再見で新たな発見があったようでよかったですね♪
エドナちゃんは綺麗過ぎて出られないこともあるんですか(笑)

「一日の行楽」はダラダラしてわたしも楽しめませんでした。道路でのやり取りとかくどいですよね~。



宵乃さん、こんにちは☆

2014/03/04(火) 10:51:56 | URL | miri [ 編集 ]

コメントを有難うございます☆

> 再見で新たな発見があったようでよかったですね♪
> エドナちゃんは綺麗過ぎて出られないこともあるんですか(笑)

これは「給料日」の事ですね?
初見時はボーっと見ていたようでお恥ずかしい!
今回は、不細工な奥さんに自分を見てしまい(笑)
結構深い作品で良かったです☆

エドナちゃんはキレイなので、今回のこの奥さん役は難しかったと思います。
不細工な上に、意地悪で、旦那さん(チャーリー)からしぼりとれるだけ
搾り取るという、ほほほ・・・。

なので、エドナは、現場監督の娘さん役で、
お父さんにランチのお弁当を届け(もちろんチャーリーが一部つまみ食いする・笑)
出番は少なかったけどやっぱり華がありました。

現場監督の娘なので、ちょっかいも出せないチャーリーでしたが、
可愛いので見取れていました(笑)。

> 「一日の行楽」はダラダラしてわたしも楽しめませんでした。道路でのやり取りとかくどいですよね~。

ハイ、キレイな画像で、キレイな奥さんと、可愛い子供たちで良かったけど
チャーリーにはお金持ち役は似合いませんね(笑)。

そして、仰るように、そのシーンや、船の上での数シーンもくどかったです!
いまいちでした。


.

<<(1-158)  ネバダ・スミス  (2回目) | BLOG TOP | 5-232  復活の朝>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31