fc2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1529  黒いオルフェ

  1. 2012/02/29(水) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品 ま行
  3. _ comment:0
ORFEU NEGRO  (黒いオルフェ)  1959年・フランス/ブラジル/イタリア



黒いオルフェ





 
.


2012年2月29日(水) BS3
監督 マルセル・カミュ
主演 ブレノ・メロ (オルフェ 役)

解説
オルフェウス伝説を描いたレリーフをぶち破って響く、圧倒的音量のサンバにたまげて、即、この素晴らしい音楽劇の虜となってしまった。ひとまずそれが収まって、流れるタイトル・ソングがまた美しい。そのジョビンのボサノヴァを世界に知らしめた映画でもある本作は、ギリシア神話のオルフェとユーリディスの挿話に基づき、ブラジルの詩人ヴィニシウス・デ・モライスが書き下ろした物語を映画化したもので、カルナヴァルに沸くリオを踊り手たちの視点からいきいきと描いて、その地を旅した、いや、それ以上の感慨--彼らと共に唄い踊る夢み心地--に浸らせてくれる。

感想
ずっと昔から聞いていた作品で楽しみにしていたんだけど、
これは一種のコメディですか???
もちろんサンバの音楽と踊りは良かったんですけど、内容的にね~
59年のリオ、ブラジルですよね・・・遅れているって感じで、申し訳ないけど、
その神話からのお話かもしれないんだけど、
あの死神の服着た男がよく分からないし、
男も女もバカばっかりで、キチガイみたいにたたいたりして、
一晩の恋で、命を粗末にして、皆のそばにいる方が安全なのに変だし、
あの優しそうなおじさんも女一人にしてバカかと思うし、死体置場がミッシングを思い出させたし・・・。
最後に子供たちがまた繰り返すような暗示があるけど、
あの子たちが大きくなる頃は、70年代、どうかもう少し発展しますように・・・と
思いつつ「シティ・オブ・ゴッド」を思い出してしまうよね~×××。
太陽が昇ったのは、そういう時間だったからでは???
主演の二人とも美しくなかった×××。
でも、保存します。




<<2-1530  不都合な真実 | BLOG TOP | (2-458)  ノエル  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -