FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1082  父帰る

  1. 2011/05/26(木) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
VOZVRASHCHENIYE  (父帰る)  2003年・ロシア



父帰る




 
.


2011年5月26日(木)  BS3

監督  アンドレイ・ズビャギンツェフ
出演  イワン・ドブロヌラヴォフ  (弟イワン)
     ウラジーミル・ガーリン  (兄アンドレイ)
     コンスタンチン・ラヴロネンコ  (父)

感想
エンドロールのメイキングは不要、ただし、最後の1枚は入れて良かった、
そのためにその前の数枚は必要だったので、可。
ただし、他の、現在形はダメ。

この映画は時代考証がはっきりしないので2003年と考えるしかないかも?
刑務所か、東ヨーロッパ(クロアチア?)か?
とにかく金になる、戦場系統へ行っていたのは間違いない。



********************************



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



父の遺体が流れて沈んでゆく演出は非常に良かった。好感持てた。
それがファーストシーンに続くのだ・・・。

あとは、父は息子二人をただ愛していただけだと思う、
下手なやり方で、命をおとす事になったのは、二人ともあとからあとから分かってくると思う。
テレなどで素直に表現できない、見てはいけないものを見てしまった生き残り
それは「ベルンの奇蹟」のお父さんと同じ。

撮影の事故は無くしてほしい

主人公はお父さんだよ、全く。

雨多すぎるし、晴れるとキレイ過ぎるし。

「ワーニャ、お前」といった言葉は、きっと赤ちゃんの呼び名だものね。
あの写真に続くのよね。




<<2-1083  密告 | BLOG TOP | 2-1081  マーキュリー・ライジング>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -