FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1068  評決

  1. 2011/05/15(日) 23:00:00_
  2. シドニー・ルメット
  3. _ comment:0
The Verdict  (評決)  1982年・アメリカ



評決



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。





 
.


2011年5月15日(日)  BS民放
監督 シドニー・ルメット
主演 ポール・ニューマン (フランク・ギャブリン役) 

“正義の意味を考えたで・賞”
この映画は、まずシドニー・ルメットで、今まで見た中では、本当に好きになれる作品だった。
ポール・ニューマンってあまり好きではないけど、この作品では頑張っていたな。
判決については下に書いたとおり。

S・ランプリングが、あぁいう役柄で、
考えてみれば、こういう裁判前後に知り合うこと自体おかしいんだから、
最初から疑っても良かったのにね・・・最後の電話の後どうなるのか?

でも彼女が情報流していたから負けかけていたんだもんね・・・
もちろん一番の元ナースの情報は流していなかったけど、それで勝てたのではないしね。
まぁ実際にあった裁判らしいから、どうこう言っても仕方ないけど、
フィクションであろう今後の二人には幸ナシ、と思う私。

友人役の俳優さんもメッチャ良かった。
原告の夫婦、なにげに普通の人生がほしいだけの二人、それで良いんだよ、って思った。
いろんなことを考えさせられた、特に“正義”。
私の中にも息づいているのだろうか???




以下、「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

>やや複雑な結果でしたが、映画としては文句なし!

ちょっと考えさせられましたね・・・どうしてあぁいう結論が出てきたのか?と。やっぱりあの演説を聞いて、各人が自分自身の心に問いかけたら、自然とそういう答えが出るんだろうな~と思いました。
陪審員だけ集めても、ひとつの映画ができると思いました☆
判事・相手方弁護士(好きなジェームス・メイスンがあんな悪役で涙)のやり方の汚さ・・・でもこれは実際にあった話を元にしているらしいですものね・・・。

>電話のベルが鳴り響くラストが深い余韻を残します。

NHKではなくBS民放だったので、尻切れトンボで、私はいまひつつでした。
この映画もアップしません。アップするしないは、映画の出来ではなく、感想文のデキで決めると思います。

******************

「そして、私たちは愛に帰る」の事ですけど、ムービープラスでして、ラストのあの座ったまま5分以上あって、私には永遠に続くような気がしました。

>例の93分枠は長年続いている番組だけあって、編集が上手いんですよ。

この枠が、私のテレビの番組表にもあったので、録画は出来ないけど、作品名に興味しんしんです☆
あと、今月の今のところの1位は、明日アップする作品なのですが、31日が終わらないと決められないから、また変わるかもしれません♪ では、また☆


2011/05/17(火) 13:00:56 | URL | miri #jSBoJ0Ww[ 編集]
>miriさん
> ちょっと考えさせられましたね・・・どうしてあぁいう結論が出てきたのか?と。やっぱりあの演説を聞いて、各人が自分自身の心に問いかけたら、自然とそういう答えが出るんだろうな~と思いました。
> 陪審員だけ集めても、ひとつの映画ができると思いました☆

そうですね、「十二人の怒れる男」みたいに、彼らの心の変化を丁寧に描けば、それだけで重厚な作品になりそう!

> 判事・相手方弁護士(好きなジェームス・メイスンがあんな悪役で涙)のやり方の汚さ・・・でもこれは実際にあった話を元にしているらしいですものね・・・。

こんな判事や弁護士がいたなんて考えると怖いです。というか、今もいるんだろうな・・・。陪審員・裁判員は責任重大です。

> この映画もアップしません。アップするしないは、映画の出来ではなく、感想文のデキで決めると思います。

お~、そうだったんですか。miriさんはすべての作品に感想を残してますもんね。わたしは文章を書くのが苦手で、アップする分だけなのにいつもひーひー言ってます(笑)

> 「そして、私たちは愛に帰る」の事ですけど、ムービープラスでして、ラストのあの座ったまま5分以上あって、私には永遠に続くような気がしました。

5分以上ですか・・・それは無理だわ。余韻を残してほしい場合と早く終わらせてほしい場合、なかなか上手くいきませんね。
あと、「グランド・ホテル」の記事読みました。「THE 有頂天ホテル」はパクリでしたか・・・。未見なのでいつかしっかり観たいと思います!





<<2-1069  グランド・ホテル | BLOG TOP | 2-1067  キング・ソロモン -呪われし王の秘宝-  (旧gooブログの記事)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -