FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1065  浮雲 

  1. 2011/05/13(金) 23:00:00_
  2. 成瀬巳喜男
  3. _ comment:0
浮雲  1955年・日本



浮雲



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。





 
.


2011年5月13日(金)  BS3

監督 成瀬巳喜男
主演 高峰秀子  (ゆき子役)

感想
何というか、凄い映画ですよね~キネ旬1位というのもうなずけますけど、
高峰秀子さんって言ったら、私の中では「優しい日本のお母さん」だから、

どうしたって、義兄に犯されたり(しかも後でお金のために、再びその人間に身を任せる)
米兵のオンリーになったり、
同じ相手(不倫)と、くっついたり別れたり、子供を授かるも・・・

そういう悪い女の雰囲気、って言うモノが、この人にはないよね~。
申し訳ないけど、清潔すぎるその雰囲気、
自堕落に堕ちてゆく「おんな」は、演じていない・・・と、思うのです。

って、もしかしたら、公開当時に見れば全然違う感想だったかもしれない・・・
あの白い入浴剤のお風呂に、男女で入っている事に、ものすごい衝撃を受けて・・・?
そういう関係だと、ひと目で分かったのかもしれない。

でも、今は、現代では、この映画の作り方では、
あまりにも「清潔感」があふれていて、
あのような女の人生が描かれているとは、どうしても思えないのです。

くっついたり離れたり繰り返す理由が、
身体の相性が良いから、だそうですけど、
とてもじゃないけど、そういう女性に見えないのよね~!
(男の方もいまひとつ、見えにくい)

だいたい林芙美子の書くモノは、私にはダメなのよね~
「放浪記」も読めなかったし、アレルギー的な・・・

なんじゃこりゃ~!としか思えない、相手役の男、
奥さんが居て、ヒロインとズルズル・・・
しかもヒロインとの旅行中に、そこにいたキレイな人妻に手を出す・・・
ずっと後には、近所の飲み屋の女房にもちょっかいを出す

林芙美子の男性観って、そういうのが多いのよネ~。
今現代においても、そういう男は確かに居るとは思うけど、
いくら映画でも、見ていて、ゾゾーッとするのよね~。

死のシーンも、何というか、いろいろな文句ばかりが浮かんでしまうし、
あれをラストシーンにして、あの男は1週間も経たないうちに
別の女にちょっかいを出しそうな雰囲気が、見えてきたし・・・

この映画、時代を現代に変えて、
戦時中の仏印を、単身赴任先のアメリカあたりに変えて、
誰か作って下さい、きっとただの安っぽいメロドラマにしかならない。

だからこそ、戦時中と、戦後のドタバタのこの時代を
こうして描いた事には意味があるとも思えるけれども・・・
そうね、この作品の良いところは、きっとそこだけでしょう。

とても評価の高い作品ですが、
内容と言い、全部、気に入らなかった。

“清潔感あり過ぎで・賞”





<<2-1066  スワンプ・ウォーター | BLOG TOP | 5月の 「ブログ DE ロードショー 」 の お誘い>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -