FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1770  さよなら子供たち

  1. 2012/08/11(土) 22:30:00_
  2. ルイ・マル
  3. _ comment:0
AU REVOIR LES ENFANTS  (さよなら子供たち)  1987年・仏/西独



さよなら子供たち



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。





 
.


2012年8月11日(土)  BS3

監督 ルイ・マル
主演 ガスパール・マネス  (ジュリアン・カンタン 役)

感想
いろいろな反戦映画があるけど、これは秀作だと思った。
特にラストシーン。
忘れられない、あの子の顔。
12歳であんなこと見てしまったら、一生涯忘れる筈がないと思うよ。
自伝的。

「縞模様のパジャマの少年」よりもずっとしみじみと来るよね・・・
あっちはもうドキドキ困るくらいで、こっちは「しずかーな」感じ。

男の子ってどうしてこういう寄宿舎とかだと、
特に欧米では(きっと日本もそうだろうけど、あんまり年齢の低いこういう学校はないからね?)
集まると喧嘩やらなんやら暴力も多いし、どうしようもないんだろうか???
まぁ女子は陰険だからどっちもどっちだけどね。

それで終盤の展開が余計胸に来るんだと思う、
それまでが結構男の子たちの出てくる話として普通な感じだから。

神父さん(校長)は、フランス人だけど、ユダヤ人をかくまったから収容所に入れられたんだね・・・
そこで死んだんだね・・・きっといっぱいいたんだろうね・・・
そうよね、カトリックだもの、人を殺してはいけないと書いてあるのに、
キリスト教徒がそういうことしているの見ていられなかったんだと思う。

それと同じ意味で、思春期にこういうシーン見てしまった監督は、
いつか生きているうちにこういう作品を作らなければならなかったんだと思う。

作れて良かったね、ハリウッドから帰って良かったね、
やっぱフランス人だもの、フランス映画を撮って欲しいと思うよ。





<<2-1771  長崎ぶらぶら節 | BLOG TOP | 2-1769  パットン大戦車軍団 >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -