FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1756  遙かなる国から来た男

  1. 2012/07/31(火) 23:00:00_
  2. マルセル・カルネ
  3. _ comment:0
LE PAYS D'OU JE VIENS  (遙かなる国から来た男)  1956年・フランス



遥かなる国から来た男




 
.


2012年7月31日(火)  レンタルVHS

監督 マルセル・カルネ
主演 ジルベール・ベコー  (ジュリアン・バレーとエリック・ペルスバル 役)

感想
カルネ監督でカラー作品は初めてです!
・・・見終わって思ったことは、面白くなかったな~という事です。

何というか、この程度の作品なら、物珍しくもないし、
結構あちこちであるし、カルネらしさ、が感じられなかったんだよね~。

もちろんこの監督の高評価は、かなり前の「枯葉」までと聞いているけど
私は「愛人ジュリエット」も「嘆きのテレーズ」もまぁ好きだし
良い作品と思っていたので・・・。

やっぱり時期というモノがあるのかな?
これ以降はアメリカで撮った作品があるみたいだけど、
もう借りたり買ったりしてまでは見ないかもしれません。

・・・この作品、あの二人の子供をもうちょっと上手に使っても良かったし、
ヒロインが何も知らないままというのも、ヘンだし、
町の人々もあれで良いのか???
薬局の女性は割りきった言葉を言っていたのでとりあえず良いと思うけど
この先もずっと勘違いしたままではね~?

主人公その1 は、今後も幸せに過ごすと思うけど
主人公その2 の事が、いまいち分かんないし、
二人とも音楽に精通しているとか、ご都合が良かった。

タイトルバックや、エンドロールは、らしかったけど、
ちょっと古臭い感じがしたのは、カラーだったからだと思います。
この映画は、白黒で撮った方が少しは良かったような気がします・・・
とにかく、色々な意味で残念。

でも、2本とも、DVDにはなりそうにもないし、
VHSも中古でさえ売ってもいないので、
レンタルで借りられて、本当に良かったと思っています☆




<<2012年7月の映画鑑賞についてのまとめ | BLOG TOP | 2-1755  足ながおじさん>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -