FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-420)  チャイナタウン  (2回目)  (旧タイトル:再見・チャイナタウン)

  1. 2009/12/11(金) 23:00:00_
  2. ロマン・ポランスキー
  3. _ comment:9
再見  China Town  (チャイナタウン)  1974年・アメリカ



チャイナタウン




 
.


2009年12月11日(金)  レンタルDVD

監督 ロマン・ポランスキー
主演 ジャック・ニコルスン / フェイ・ダナウエイ

感想
「チャイナタウン」 この作品は、随分昔のOL時代に、一度だけ、
しかも普通のテレビのオンエアで見ただけなので、
今回は “初見に近い鑑賞” となりました。

この映画で、唯一のようにハッキリと覚えていたシーンは、
気絶したギデスが目を覚ます時に、
その顔を、とても心配そうにのぞき込んでいた“イブリンの顔”です。

「チャイナタウン」 と、タイトルを聞いた瞬間に浮かんだのが、その顔だったのです。

今年このブログで、ノートの転記をして、11ヶ月くらい経ちましたが、
好きな女優の演技や、女優が主演の映画は、内容をよく覚えていて、

男優の場合、好きな俳優、または好きでなくても、それぞれの意味があって
印象にある俳優の演技や作品は良く覚えているけど、

嫌いなタイプの男優が主演の作品の内容はまず覚えていない、という事を
最近発見しました。ハッキリと認識しました。

ジャック・ニコルスンとの出会いは 「カッコーの巣の上で」
高校1年生の1学期に、映画館で、
その作品を期待しながら見て、もうガックリと疲れ
(しかも同時上映が 「アデルの恋の物語り」 疲れすぎ!)
それ以降、印象が悪く、嫌いな俳優なんです。

なので、この 「チャイナタウン」 という作品は、内容は全く覚えていなけど、
イブリンの顔はハッキリと覚えていた、という訳なのです。

☆前置きが長くなりました☆
今回、金曜日の雨の降る昼間に、シッカリと鑑賞しました。

そして思うのですが、こういう作品は、やっぱり
内容に感動するとかではなく、
(もちろんナゾ解きは、ハラハラ・ドキドキ・素晴らしかったですが)

脚本と音楽の素晴らしさに酔い、
ジョン・ヒューストンの演技に、彼の作品を想い、
ポランスキーのチョイ役に、この人は仕方ないなぁと思い、

やっぱりダナウエイはキレイというか、美人ではないけど
70年代の大スターだなぁ・・・と見とれ、
ニコルスンは、今なら嫌いにならないかも?と思ったり、

そんな、いろんな事を思い浮かべながら見るのが、楽しかったです。

’30年代に限らず、中国系マフィアとかの話はよく分からないのです。
警察の色々も、先日見た 「チェンジリング」 で、お腹一杯ですし、

「親子という絆」 の意味で考えた時に、
イブリンのお母さんはどうなっているんだろう?と思いました。

天童荒太の 「永遠の仔」 を読んだ時にも思った事ですが、
当事者の妻であり、母である人間、が、どうなのか?で
子供の未来は変わってしまう・・・と。

多分、イブリンのお母さんは早くに亡くなっているか、
もしくは、夫にとっては 女中くらいの扱いの女性だったのだ と思いました。

脚本はすごく良かったけど、
その点だけは、男性目線で、今一つだったなぁと思いました。




********************************



いろんな感想の出てくる作品だと思います。
この感想文は、いつも通り金曜日の午後に書き、
月曜日の朝にアップしますので、宜しくご理解ください。

ロッカリアさん、お疲れ様でした~☆
皆さんがそれぞれの立場で、色々と楽しんで下さる良い作品だと思います。
本当にありがとう~! 

次回の1月は「陽面着陸計画」の“なるはさん”に作品を選んでいただきます。
なるはさん、よろしくお願いします♪



初見時感想は → こちらです




<<2-450  踊るマハラジャ☆NYへ行く | BLOG TOP | 2-449  プロポーズ>>

comment

発見できず!

  1. 2009/12/14(月) 08:12:01 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
おはようございます。

今回の「ブログ DE ロードショー」ですが、今会員になっているレンタル屋さんは全て回ったのですが「チャイナ・タウン」は入っておりませんでした。(_ _)
コレクションもしていないですし、今回は辞退となります。
未観でしたし、私にとっては知らない名作でしたのに、残念です。

またの機会によろしくお願いいたします。

Re: 発見できず!

  1. 2009/12/14(月) 08:41:24 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
白くじらさん、おはようございます☆

本当に申し訳ありませんでした。
他にもお店に無かったと仰った方がいらして・・・
本当に残念です。

これに懲りず、今後もどうぞ宜しくお願いいたします☆

次回は1月なので、ちょっと間があくかもしれませんが、
必ずご連絡差し上げますので、お待ちになって下さいね。

では・・・今週は寒さが厳しくなるそうですので、ご自愛下さいませ。

> 今回の「ブログ DE ロードショー」ですが、今会員になっているレンタル屋さんは全て回ったのですが「チャイナ・タウン」は入っておりませんでした。(_ _)
> コレクションもしていないですし、今回は辞退となります。
> 未観でしたし、私にとっては知らない名作でしたのに、残念です。

> またの機会によろしくお願いいたします。

  1. 2009/12/14(月) 14:58:36 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
ノートの転記で色々なことに気付けるって素晴らしいですね。わたしも、もっと感想とか残しておけば良かった~!

>イブリンのお母さんはどうなっているんだろう?と思いました。

おぉ、確かにそうですよね。風邪のせいかもしれないけれど、終盤は急展開で家族関係の事がよくわかりませんでした。娘だけでなく、妻や愛人(?)ともどろどろしてそう・・・。
再見する時は、皆さんのレビューを参考にしながら観るぞ~!

  1. 2009/12/14(月) 18:54:25 |
  2. URL |
  3. mardigras
  4. [ 編集 ]
サイさん、こんばんわ。
フェイ・ダナウェイは、あらためてみると確かに万人受けする美人、という感じじゃないですが、やっぱり貫禄というか、"スター"のオーラがありますよねぇ。

俳優の好みに関係なく、最近、一部を覚えているどころか、その映画を観たことさえすっかり忘れてて、観始めて1時間くらいたってようやく、あれ、これどっかで観たことがあるような...?とようやく気づく、、、みたいなことが立て続けにあり、自分で自分が心配になってきました。これって老化のはじまりなんでしょうかねぇ...

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2009/12/14(月) 20:25:37 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
> ノートの転記で色々なことに気付けるって素晴らしいですね。

そう言っていただけで、嬉しいです☆ありがとう☆

> わたしも、もっと感想とか残しておけば良かった~!

今からでも遅くはありませんので、
ブログにアップされる以外の作品も、メモ程度でも残しておかれる事をお薦めします!
何と言っても、若いんだから~♪この先の方が長いからね!

> おぉ、確かにそうですよね。風邪のせいかもしれないけれど、終盤は急展開で家族関係の事がよくわかりませんでした。娘だけでなく、妻や愛人(?)ともどろどろしてそう・・・。

あの爺さんのような人はどうしようもないですね!
映画やドラマの中ではよく見かけますネ、人類始まって以来の、悪の中の一つですね。

> 再見する時は、皆さんのレビューを参考にしながら観るぞ~!

それも良いけど、あまり深読みせずに、宵乃さんの記憶の中の前半から自然に進まれる方が良いのではないでしょうか?うるさかったらゴメンね!

とにかく、風邪を甘くみないで、完治してね☆

mardigrasさん、こんばんは☆

  1. 2009/12/14(月) 20:31:49 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
> フェイ・ダナウェイは、あらためてみると確かに万人受けする美人、という感じじゃないですが、やっぱり貫禄というか、"スター"のオーラがありますよねぇ。

そうですね、誰と共演しようが、誰が演出しようが、知ったこっちゃない、私はわたしって感じで、でも誰も何も文句言えない、すごい上手ですし!70年代の代表的女優です☆

> 俳優の好みに関係なく、最近、一部を覚えているどころか、その映画を観たことさえすっかり忘れてて、観始めて1時間くらいたってようやく、あれ、これどっかで観たことがあるような...?とようやく気づく、、、みたいなことが立て続けにあり、自分で自分が心配になってきました。これって老化のはじまりなんでしょうかねぇ...

少年の心を持っているmardigrasさんも、実年齢を重ねるのは、誰もと同じで・・・
簡単なメモ程度で良いですから、これからでも遅くないから、ちょっと書いておくと後で読み返す時すっごく便利ですよ!

たとえば「○○という作品を見たが、どうも前に見ているらしい・・・」と書いておいて、ある日突然、前はいつで・どういうシュチュエーションだったか思い出すかもしれないし・・・
メモは想い出につながるし、大切な人にもつながりますよ~☆

  1. 2009/12/16(水) 17:16:16 |
  2. URL |
  3. ユウ太
  4. [ 編集 ]
サイさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

今回もまた、楽しく参加する事が出来ました。ありがとうございました。

自分はこの作品、以前より観ようと思っていましたがやはり、なかなか観る事が出来なかったので良い機会でした。

大人の雰囲気タップリのハ-ドボイルドでしたね。自分は堪能出来ましたよ。また、音楽もこういうの大好きって感じで自分には合っていた作品です。

ただ、やっぱり中国の解消法を話ながらバカ笑いするジェイクを見て、何がそんなに可笑しいのだろう?という変な部分の謎が一つ残ってしまいました。

他の方の記事も拝見して解決出来たらいいなぁなんて思っています。

それと茶栗鼠さんのチャットの場では残念ながら遅れてしまいすみませんでした。
また機会がありましたら宜しくお願い致しますね~(^^)

いつも本当にありがとうございます。(^^)

ユウ太さん、こんばんは☆

  1. 2009/12/16(水) 19:11:50 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
> 今回もまた、楽しく参加する事が出来ました。ありがとうございました。

こちらこそ、いつもお忙しい中、有難うございます☆

> 自分はこの作品、以前より観ようと思っていましたがやはり、なかなか観る事が出来なかったので良い機会でした。
> 大人の雰囲気タップリのハ-ドボイルドでしたね。自分は堪能出来ましたよ。また、音楽もこういうの大好きって感じで自分には合っていた作品です。

こう書いて頂いて、本当に嬉しいです。
お選びになられたロッカリアさんも、お喜びになると思います。

> ただ、やっぱり中国の解消法を話ながらバカ笑いするジェイクを見て、何がそんなに可笑しいのだろう?という変な部分の謎が一つ残ってしまいました。
> 他の方の記事も拝見して解決出来たらいいなぁなんて思っています。

私もチンプンカンプンだったのですが、mardigrasさんが教えて下さいましたよ~!
そして理解して、やっと心から笑えました♪

> それと茶栗鼠さんのチャットの場では残念ながら遅れてしまいすみませんでした。
> また機会がありましたら宜しくお願い致しますね~(^^)

私は早く帰ってしまうので、いつも皆さんに失礼な態度をとっているのですよ~。
でも、またの機会を楽しみに!!!

寒さが厳しくなりますので、皆さま、花ちゃん、お気を付け下さいね~☆
風邪気味との事、そういう時は、無理なさらないでくださいね~!

管理人のみ閲覧できます

  1. 2009/12/17(木) 17:22:47 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -