FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-836-3  アフリカの女王

  1. 2010/11/23(火) 23:00:00_
  2. ジョン・ヒューストン
  3. _ comment:0
The African Queen  (アフリカの女王)  1951年・イギリス/アメリカ



アフリカの女王




 

.


2010年11月23日(火)  BSハイ (結局は反戦映画でしょう)

監督 ジョン・ヒューストン
主演 ハンフリー・ボガード (チャーリー役)
    キャサリン・ヘップバーン (ロージー役)

感想
ジョン・ヒューストンに、ボギーに彼女ね~凄い映画でしょうね~。

と、最後まで見て思ったのは、まぁ昔から聞いていたよりは、大したことなかったという事です。
そりゃ、このロケは命がけで大変だったと思うけど、公開当時に見てこそで、
今見ても「ふーん」程度で、まぁ60年前だとものすごい映画だと思うし、
その事を頭に入れて見るのが礼儀だと思うけど、この前「激流」見てしまったしさ~。
まぁただ1つの救いは、これが事実ではなく小説だという事です。

蛭はどの映画で見ても気持ち悪いね~!
今の若い日本人は誰も知らないんじゃない?

二人の心が寄り添う過程は、自然で微笑ましい。
彼女は不細工で、兄とともに10年も未開の地に居たのだし、まさに処女で、
この映画内でもキスまでで、上手に結婚式を挙げられて、
その直後に死ではなく生が与えられ、神よ~という感じですネ。

お兄さんお気の毒でした・・・タラや妻に死なれたオハラさんと同じだと思いました。
最初のシーンで、あぁこうしてキリスト教を広めたんだなぁ~と、感慨無量でした。

ボギーって今一つだと思っていたけど、案外可愛いし、
キャサリンも不細工ながら(もちろん演技は二人とも上手だけどね)可愛らしいと思ったよ☆ 
まぁ、とりあえず、見て良かった☆




<<(1-140)  鉄道員  (2回目) | BLOG TOP | 2-836-2  俺たちダンクシューター>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -