FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1554  ジュリー&ジュリア

  1. 2012/03/22(木) 23:00:00_
  2. ノーラ・エフロン
  3. _ comment:0
JULIE & JULIA  (ジュリー&ジュリア)  2009年・アメリカ



ジュリー&ジュリア




 
.


2012年3月22日(木)  レンタルDVD

監督 ノ―ラ・エフロン
主演 メリル・ストリープ  (ジュリア・チャイルド 役)
    エイミー・アダムス  (ジュリー 役)

感想
まずは、こんなに良い映画とは思わず、不覚にも涙が出ました☆
実話が感動を呼ぶという事はよくありますが、やはり自分に身近な「毎日の食卓・お料理」が
話の中心に居るから、人間は誰もが食べなくては生きていけないものですしね・・・。

2人が交差しないのが「ダウト」と違って良かった。
あれと同じでは困るから、同じ人たちだけど、あくまでも交差させず、
それぞれの実話をこうして一つの物語に織りなすという事が、素晴らしいと思いました。

ジュリアの夫が「プラダを着た~」の部下で、笑えたね~他に俳優はいなかったのか?
子供が欲しかったけど授からなかったという事を、静かに描写しているシーンがいくつもあって
胸を打ちました。

ジュリーも子供がいなくて、やはりこういうお料理を頑張る事は、
お腹をすかせてとにかく食べさせないといけない子供がいると難しいとは思います。

私も反省し、毎日お料理ではなく、義務でやっている台所仕事のような感じだけど、
よくよく思いだすと、新婚時代、子供が生まれるまでは、同じように工夫していたし、
これからはジジババは子供よりも始末が悪いから当分は無理でも、
いつかは夫と二人になって、こうして作りたいと、しみじみ思いました。

戦争の影、赤狩りの影、911の影、いろんな暗い時代をスパイスのようにしているけど、
毎日食べて生きている事は同じで、夢やブログは、それぞれ諦めない事が大事と訴えているように思いました☆

私も私なりに(映画の感想やブログを)書いていきたいと、しみじみ思いました。

特に良かったのは、やっぱり最後のジュリアの展覧会にジュリーが行って、
そして時の魔法で50~60年代に戻るところかな?
映画ってそういう魔法が出来るから、美しいと思いました☆

俳優陣は主演の4人とも良かった☆
脇の人も全員うまくて、友情のあれこれや、
親子・きょうだいの気持ちのアレこれは普遍的な問題で、胸を打ちました☆





<<(1-90)  華麗なるヒコーキ野郎  (2回目) | BLOG TOP | 2-1553  ライラの冒険 黄金の羅針盤>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -