FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1695  さよならをもう一度

  1. 2012/06/22(金) 23:30:00_
  2. アナトール・リトヴァク
  3. _ comment:0
GOODBYE AGAIN  (さよならをもう一度)  1961年・アメリカ



さよならをもう一度




 
.


2012年6月22日(金)  BS3

監督 アナトール・リトヴァク
主演 イブ・モンタン (ロジェ 役)
    イングリッド・バーグマン (ポーラ 役)

感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

この作品はねぇ~なんとも言えませんでしたよね~。
「午前十時の映画祭」に選ばれているので、主演二人もこの人たちで、期待大で見たんですよ・・・。

>最後に「憐れな女…」と思ってしまったものの、

監督の名前で嫌な予感はしていたんですけどね~
あーあって感じでしたね。

>浮気なのに珍しく嫌悪感は覚えなかったです。バーグマンの演技のたまものかな。

これはちょっと・・・
結婚していなかったので、浮気とは言わないと思います。
浮気とは、ロジェがしていたことで、ポーラは

>フィリップにほだされるところまでは

ほだされたのですよね~。

>後から「サイコ」のノーマンをやってた人だと知って納得しました。マザコン男とか甘えん坊なお坊ちゃんがしっくりくる俳優だなぁ(笑)

似合いますよね~ひと目で「サイコ」だよ、と・・・ぶるぶるでした(爆)。

最後通告を受けて、雨の中泣きながら歩くシーンは、胸が痛みました。
大人二人に振り回されて・・・もちろん石を投げたのは自分ですけど、
彼女は人妻ではなかったのですものね・・・。

>フィリップを選んでも上手くいったとは思えないけど、ロジェは最悪な選択ですよね~。
>現代の作品なら二人とも選ばないでしょう。でも、今でも共感できる人は多いのかもしれない!

この話の流れでは、ロジェになると思いますよ・・・
私も良いとは思わないけど、それは私達が他人で冷静な目で見えるからで、
自分がポーラなら、フィリップを傷つけた分も、うまくやらねばと思うと思います。
共感しているのではないのですけど・・・分かって頂けると嬉しいです。

>愚かな選択をしても、変わらず側にいてくれるメイドさんがいい人でした。…給料が良いだけかも知れないけど(笑)

お給料・・・あの人はちょっと子供でしたよね?
若いというより幼い感じがしたのですけど???


*********************************


>> 結婚していなかったので、浮気とは言わないと思います。

>そういうものですか?
>いちおうロジェとは恋人同士なので、別れると断言してからじゃないとわたし的にはスッキリしません。

宵乃さんが仰っている事は、厳格というか厳密に言うとその通りだと思います。
私の書き方も良くなくて、結婚していても・いなくても、
誠実な相手に対して、不誠実になる事が「浮気」の大前提のように思います。

なので、ポーラが誠実なのに、不誠実なことしたロジェでしたっけ?あいつは「浮気」で、
そのロジェに耐えられない仕打ち等をされた時に、ふとほだされたポーラは、
やっぱり私から見ると単に「浮気」とは呼べない気がするのです。

仕返しとかでもないし・・・
うまく書けませんが・・・。




<<2-1696  ある殺し屋の鍵  | BLOG TOP | 2-1694 三つ数えろ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -