FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1643  いちご白書

  1. 2012/05/21(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
THE STRAWBERRY STATEMENT  (いちご白書)  1970年・アメリカ



いちご白書





 
.


2012年5月21日(月)  頂いたDVD

監督 スチュアート・ハグマン
主演 ブルース・デイヴィソン (サイモン 役)

感想
「サークルゲーム」って、大好きな歌なんです。
歌い方が(知っている歌手の歌い方と)ちょっと違うけど
そらで歌える部分も多いので、
タイトルバック、一緒に歌いながら見ました。

・・・まさかラストシーンと回想ショット、
そしてエンドロールに渡って、
この歌がもう一度流れるだなんて・・・
最初に歌っていた気持ちとは全然違う・・・
なんという・・・

サイモンは、ふつーのどこにでもいる学生で、
可愛い子がいたから入っちゃったんだけど、
ボート部も続けていて・・・
友達の怪我から変わって、真剣になって・・・

チェ・ゲバラさんの写真が気になって仕方ないですね~。
妄想を入れて現実に戻して、
こういう作りの映画は好きです。

もしこの頃、アメリカのこの大学の大学生だったら・・・
(大学生というのがよく分からないんですが)
友達に誘われて、なんとなく、行かなきゃいけないような気がして、
活動に身を投じていたのかな~???

ずっと育ってくる過程で「団塊の下の世代」とか
「団塊の次の世代」と言われ続けて、
団塊世代の「おまけ」みたいな私の世代・・・

でも、どんな映画を見ても
この時代に生まれていたら?この立場なら?って
考えたりするけど、

突拍子もない古代とか中世、遠い未来の方が
想像しやすくて、きっと一番想像しにくいのが、
一つ上の世代・・・いちご白書の世代なのかもしれないな~って
そんな風に思いました。

でも、もしかしたら、当時の参加者で、本当に一部の人は除いて、
多くの人は、ご自身がどうしてそういう活動をなさっていたのか?を
今現在、正確に説明できないのではないかしら?と思ったりしました。
失礼なことを書いているとは思うのですが・・・。

この映画は、原作のほんの一部分なのですものね・・・
自分がこの映画の封切り時にその年代だったら、
授業を抜け出して見に行ったかな???

全部答えは出ないけど、
どこの誰でも、他の世代のすごしてきた時代を
批判することはできないのだ・・・と、しみじみ思います。

突入前に、部外者(多分大学生の親兄弟友達が多いのかな?)が
ロウソクに灯をともしていたのが、印象的でした☆




<<2-1644  海底二万哩 | BLOG TOP | (2-252)  ビフォア・サンセット  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31