FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1637  禁じられた恋の島

  1. 2012/05/17(木) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
L' ISOLA DI ARTURO  (禁じられた恋の島)  1962年・イタリア



↓ 2016年に字幕付きの普通のDVDが新しく発売されました。



禁じられた恋の島





 
.


2012年5月17日(木)  頂いたDVD(イタリア語版、日本語字幕なし)
                 
監督 ダミアーノ・ダミアーニ
主演 ヴァニ・ド・メイグレ (アルトゥロ 役)

感想
あの音楽が耳に身体に深く残っています。
ファーストシーンは、「狂った果実」のような感じで、
ラストと同じではないかな~?と思いました。

彼の独白、最初の子供っぽく、お父さんを待っていて、
一緒に泳いだり、時計探してあげたり、たまにしかいない
大好きなお父さん・・・そんな感じがよく出ていました。

その子が、お話が進むにつれて変わってゆく・・・
身も心も大人になってゆく・・・

それはあの女の子も同じで、
最初はその辺の中学生か?としか思えなかったけど、
だんだん妻に見えてきたし、お腹大きいのも演技頑張っていたし、
母親になったらそれらしい感じに変わって、
さいごらへんは、もう完全に、お父さんを包み込む母親みたいに
なってしまって・・・凄い変貌。

お父さんって、子供みたいな人で、
きっと主人公が生まれる時も、可愛らしい女の子を好きになって
しまったんでしょうけど、本当はそうではなかったんでしょうね~。

あの自信満々の脱獄犯とか、産婆さんとか、
出演者も少なく、セリフの細かい点は分からなかったけど、
自分で勝手に、たとえば果樹園でお孫さんといたお爺さんに
モノを投げようとした時には、
こんなセリフかしらん?と想像して楽しかったです。

先日、「ル・ミリオン」をお貸しした人から、
「この映画を見る人は、「ニューシネマパラダイス」に出てくる
人達のように、目をキラキラ輝かせて見ていたと思う。」
と感想を聞かせてもらっていたのですが、
今日の私がまさにそれだったと思います。

決して明るくはないお話で、
色々と複雑な過程を切り捨ててシンプルにし過ぎていて、
映画の出来、とか考えたらメッチャ良いわけではないのに、

あの音楽とともに、主人公の目や、
お母さんになった喜びや、透明な海の色、空の青、
そして何より、セリフはもちろん重要だけど、

映画で一番大切なモノは、伝わってくる想い、だと
そんな事を教えてくれて、
私にとっても、忘れられない作品になりました。



再見時感想はこちら  →  禁じられた恋の島(62・伊)(2回目) ・・・ 2-1637






<<2-1638  コニャックの男 | BLOG TOP | 2-1636  ローズランド>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -