FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


365・Wait Until Dark (暗くなるまで待って) 1967・America

  1. 1980/12/07(日) 23:00:00_
  2. テレンス・ヤング
  3. _ comment:2
暗くなるまで



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1980年12月7日(日) PM9:00~10:50 (19歳)
Directed by Terence Young
      Audrey Hepburn

彼女は 久しぶりかな
それにしても 胸がふるえ 心がおどり 目が輝く、映画っていいよね




 
.


感想
ひぇーっと あの1シーンは びっくりした おどろいた キャリーの あれと いっしょだ
’67の 映画だけど TVのせいか 古さも 感じず モノクロは よかったね
彼女は なんで あんなに 美しくて 細くて やはり“妖精”のよう
なんだろう… おっとっと 話を 「映画」に戻そう
これが 舞台劇だって? うそだよ 映画だからこそできる
あの 暗さと そして カメラがないと できない
でも 書いた人の 頭の よさ!!
スージーは 頭いい それが 何より いっとうと 思うんだけど
まず からくりを 見やぶっていく ところ でんきを こわして いくこと
そして ラストには 命を守るために することの 数々
冷ぞう庫の コンセントとか ちゃんと話は くっつけて
ほぼ 1か所だけの (家の中だけの) story なのに すばらしいね
うまく書いた 原作と 色づけした screenplayと
描いた監督と 演じた彼女に 拍手ね
オードリーの演技で いっとうと 淀川さんは 言ったけど
そのとおり かもね 目の見えない でも うまくてよ
来週 例の ナターシャの 戦争と平和 彼女の
でも 見よかなって 気もしてきた あれから すでに 5yearsも
たつと 思うと
そして私 ホント おもしろい おもしろい ひえっ こわい
そんなふうに 映画を 心ゆくまで みれるなら もう いいって
気してきた 他のコトなんかね
カラーで 劇場の方が いいのか?
それよか ずんずん 名作 見すぎて なくなってくのが 心配
いらないこと かも しれない けれどね
よかったよ この映画 うん ホントに



**************************



2009年11月:追記

この映画の彼女は、確かに、一番だったと思います。
すごく良い映画で、一番の見所と、あと、他の部分、ちょいちょい覚えています。

最後のほうの文章は、杞憂でしたね。
この頃、自分の勝手な理由以外で、映画を見られない日が来るなんて
考えた事もなかったですから。
そして毎年ドンドン良い作品ができるから、何の心配も無いですね☆



**************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6354



**************************



再見時感想はこちら  →  暗くなるまで待って(67・米)(2回目) ・・・ 1-365





<<366・Le Petit Monde de Don Camillo (陽気なドン・カミロ) 1952・FRANCE | BLOG TOP | 364・Fiddler on the Roof (屋根の上のバイオリン弾き) 1971・America>>

comment

  1. 2009/11/29(日) 11:18:00 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
このオードリーの演技は本当に凄いですよね。
ストーリーも部屋の中だけで進んでいるのにハラハラし通しで、息をするのも忘れてスージーを見守ってました。

>毎年ドンドン良い作品ができるから、何の心配も無いですね☆

まったく、その通りですね♪
古いものから新しいものまで、まだまだ観てない作品がたくさんあって、観た映画について語り合えるひとがいて、とっても幸せです。

こんばんは☆

  1. 2009/11/29(日) 19:25:03 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
コメントを有難う~☆

> このオードリーの演技は本当に凄いですよね。
> ストーリーも部屋の中だけで進んでいるのにハラハラし通しで、息をするのも忘れてスージーを見守ってました。

本当に素敵な作品で、素晴らしい彼女でしたね!

> 古いものから新しいものまで、まだまだ観てない作品がたくさんあって、観た映画について語り合えるひとがいて、とっても幸せです。

私も全く同感です。インターネットがない時代には、知らない人と映画のお話が出来るなんて、考えたこともありませんでした!これからも、宵乃さんと、皆さんと、色々なお話をしたいです☆

今週も良き日々でありますように~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -