映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1255  隠し砦の三悪人

  1. 2017/03/24(金) 23:00:00_
  2. 黒澤明
  3. _ comment:4
隠し砦の三悪人  1958年・日本



隠し砦の三悪人





 
.


2017年3月24日(金)  BS3

監督 黒澤明
主演 三船敏郎

感想
台詞が聞き取りにくくて、序盤数分でくじけ、
もう見るのをやめようかな?と思ったのですが、
ふと、フランス語やイタリア語の字幕なし原語DVDを見た時のことを思い出して、
あれと同じだわと割り切って、聞き取れない台詞よりも
全体の映画を見ようと決め、最後まで見ました☆

上原さんと三船さんの、あ藤田さんも、彼らの眉毛って、どうなっているんですか?(笑)
もう、彼らの眉毛だけで、私はこの映画をすごく楽しめました。


特に上原さんね、黙ってキメて立っていれば、(黙ってね、黙って)
それはそれは新体操の10点満点みたいな感じで、
その上あの眉毛でね(笑)。
新作は見るつもりはないけど、ぜってー長澤ではダメじゃん(笑)。


千秋さんと藤原さんのコンビね、最後らへんはくどくて
「いい加減にしろ!」と思わないでもなかったけど、
嬉しそうに大枚持って帰る姿を見れば
最後まで見て本当に良かったなあ~と思えました。

文字が読めなくても、旗にある記号で、誰の国かが分かるようになっていて、
戦国時代にもし百姓女だったら・・・とか思いました。

彼女、嬉しかったと思うよ、まさかね、助けてくれるなんて、
そりゃお姫様も全員隅から隅までそういう女を助けることは出来ないけど、
あの宿屋で、彼女の前に立った時に絶対にと決めたんでしょうし、
その気持ちは反対にどこまでもついて行って役に立とうと・・・何度もいろんなこと頑張りましたよね!


すごく珍しいと思うのです、
黒澤明がこうして女性同士の気持ちのやりとりを
上手に描写してて・・・
うん、それだけでも良い作品って感じです☆


三船さんが出てきてから、だらだらとした時間はちょっと嫌でしたね・・・
もうちょっとなんとかできたかも?

あと、敵の大将とこころ触れ合うまでは分かるけど
終盤の成り行きがちょっとね~(笑)。
まあフィクションですし、その後の見せ場が生きたのも彼のお陰ですけど
藤田さんいい仕事してるう~とは思ったのですが、なかなかね(笑)。

そういうわけでこの作品は、どういう作品かの判断が難しいところですが、
受け止め方は、見る人それぞれで良いのでしょうね?
私的には、引き付ける力は強かったし面白かったけど、
特に今後何回も再見しようとまでは思えない作品でした。


ただ、上に書いたように良い点もあり、
今後も未見の黒澤作品を楽しみにしたいと思いました☆




追伸:20年以上ぶりくらいに「おし」という言葉を聞いた気がします。
今は「聴覚障害者」ですよね?
でも私が子供の頃は、普通に「おし」って言っていました・・・
この映画は生まれる前のですけど、時代劇ですし、自然でした。
多分「愛していると言ってくれ」の頃からだなあ???




<<(5-837)  コンテイジヨン  (2回目) | BLOG TOP | (2-1644)  海底2万哩  (2回目)>>

comment

うっかり忘れていて…

  1. 2017/04/02(日) 07:53:38 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
コメントが遅くなってしまいました。すみませんっ!!

>上原さんと三船さんの、あ藤田さんも、彼らの眉毛って、どうなっているんですか?(笑)
もう、彼らの眉毛だけで、私はこの映画をすごく楽しめました。

確かに、眉毛がすごかった印象があります(笑)
姫は変装の一環なんでしょうか。あの甲高い声がなければ宝塚のトップを狙えそうですよね。

>女性同士の気持ちのやりとりを上手に描写してて・・・

残念ながらほとんど覚えてないです。なんとな~く姫が気にかけてる村娘みたいなのがいたような気はするんですが。再見…は字幕版でもやってくれない限りしないと思いますが、黒澤監督作品の中でも特筆すべき点があることは覚えておきたいです!

>藤田さんいい仕事してるう~

カッコよければすべてよし!という感じでした(笑)

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2017/04/02(日) 10:33:44 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 確かに、眉毛がすごかった印象があります(笑)

ですよね~!

> 姫は変装の一環なんでしょうか。あの甲高い声がなければ宝塚のトップを狙えそうですよね。

変装・・・多分、お姫様スタイルになっても同じだったような?
宝塚、より存在感ありますよね~(笑)。


> 残念ながらほとんど覚えてないです。なんとな~く姫が気にかけてる村娘みたいなのがいたような気はするんですが。再見…は字幕版でもやってくれない限りしないと思いますが、黒澤監督作品の中でも特筆すべき点があることは覚えておきたいです!

そうでしたか、このお話の旅の一行は途中までは4人ですが
ある宿場町以降、その百姓娘を入れて5人で進んでゆきます。
もしいつか良い機会があったら、百姓娘にもご注目下さいね!

> カッコよければすべてよし!という感じでした(笑)

良い俳優さんですよね~☆
まあ三船さんがいるとアレですが、カッコ良かったです♪


.

桜はまだ4分咲き

  1. 2017/04/02(日) 12:13:28 |
  2. URL |
  3. 鉦鼓亭
  4. [ 編集 ]
 miriさん、こんにちは
 先日はコメントありがとうございました

台詞が聞き取りにくくて
>ありゃりゃ・・、黒澤さんの映画では、まだ聞きとり易い方だと思ってたのですが。
あの人、ああいう場面(テンション高め)は、30秒の台詞を20秒で喋らすから早口に聞こえて解りづらい人は多いです。

彼らの眉毛って、どうなっているんですか?
>火祭りのシーン、誰かが「鬼瓦がくるくる回ってる」って言ってました。
まぁ、三船、藤田の両人は豪傑顔という事で。(笑)
(馬上追跡のシーン、あんなおっかない顔で追いかけられたら戦う前に降参したくなる)
雪姫は一種の能の面が基本なんだろうけど、あのメイクを決めるのに1週間掛ったとか。
中々、決まらなくて最後の頃はE・テーラーの写真を持ってきて参考にさせたらしいのですが、どこがどうなるとテーラーが雪姫になるんだろう。(爆~今は、幾らか影響を見て取れますが)
※当時の素の写真を見ると、上品でお淑やかで可愛い感じの人なんですけどね。福岡の人で、名古屋の短大卒、師事してた先生が尾張徳川さん、撮影中も東京の尾張徳川家に下宿して通ったものだから「隠し孫」なんて噂されたらしいです。‘70年代に黒澤、藤原、千秋と一緒にフジTVで懐古談をしてるのがyoutubeにUPされてますが、品の良さは変わってなかったですね、普段の喋りはおっとりした人。

もうちょっとなんとかできたかも?
>あそこは長すぎだと僕も感じます。
では「何処を?」と言われると、必要なシーンばかりで切る場所が解らないのですが。(汗)

上に書いたように良い点もあり
>それを聞けてホッとしました。(笑)

※昨日「ラ・ラ・ランド」観てきました、大きいハコがまだ満員。
 記事は今週中に書きたいと思っています、お話はその時に。
 (まだmiriさんの記事、内容は読んでません)

Re: 桜はまだ4分咲き

  1. 2017/04/02(日) 14:07:13 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
鉦鼓亭さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

東京の桜の満開宣言を聞きましたが???
お家のところの桜はまだ4分咲きなのですね?
こちらもチラホラキレイですが、お鼻のほうも(笑)アレでして。

> >ありゃりゃ・・、黒澤さんの映画では、まだ聞きとり易い方だと思ってたのですが。
> あの人、ああいう場面(テンション高め)は、30秒の台詞を20秒で喋らすから早口に聞こえて解りづらい人は多いです。

セリフが聞き取りにくかったのは、三船さん登場までが酷くて
その後はかなりマシになりました☆
黒澤作品に限らず、昔の邦画は今後は字幕が要るのでは?

> >火祭りのシーン、誰かが「鬼瓦がくるくる回ってる」って言ってました。
> まぁ、三船、藤田の両人は豪傑顔という事で。(笑)
> (馬上追跡のシーン、あんなおっかない顔で追いかけられたら戦う前に降参したくなる)

そうなんですけど、それにしてもね~(笑)。

> 雪姫は一種の能の面が基本なんだろうけど、あのメイクを決めるのに1週間掛ったとか。
> 中々、決まらなくて最後の頃はE・テーラーの写真を持ってきて参考にさせたらしいのですが、どこがどうなるとテーラーが雪姫になるんだろう。(爆~今は、幾らか影響を見て取れますが)
> ※当時の素の写真を見ると、上品でお淑やかで可愛い感じの人なんですけどね。福岡の人で、名古屋の短大卒、師事してた先生が尾張徳川さん、撮影中も東京の尾張徳川家に下宿して通ったものだから「隠し孫」なんて噂されたらしいです。‘70年代に黒澤、藤原、千秋と一緒にフジTVで懐古談をしてるのがyoutubeにUPされてますが、品の良さは変わってなかったですね、普段の喋りはおっとりした人。

リズさんね・・・彼女も凄かった時代がありましたね(笑)。
上原さんはこの役柄のために生まれた人ですね☆

> >あそこは長すぎだと僕も感じます。
> では「何処を?」と言われると、必要なシーンばかりで切る場所が解らないのですが。(汗)

行ったり来たりがいろいろとね・・・
最初の斜め上るシーンも目が変になりました(笑)。

> >それを聞けてホッとしました。(笑)

良い作品だと思います♪

> ※昨日「ラ・ラ・ランド」観てきました、大きいハコがまだ満員。
>  記事は今週中に書きたいと思っています、お話はその時に。
>  (まだmiriさんの記事、内容は読んでません)

ハイ、お話しできるのをゆっくりと楽しみにしています~☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -