映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-829  ブラインドマン その調律は暗殺の調べ

  1. 2015/07/19(日) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
A L'AVEUGLE  (ブラインドマン その調律は暗殺の調べ)  2012年・フランス



ブラインドマン




 
.


2015年7月19日(日)  イマジカ

監督 ザヴィエ・パリュ 
主演 ジャック・ガンブラン 

感想
なんだかね~いまいち。

フランス語が聞けて良かった。 lundiはランディではなくランジって感じだったな(月曜日)
mardiにいたってはマルくらい(笑)。(火曜日)

内容だけど、主人公が盲人を疑う理由が浅すぎてダメ。 
あとはまぁまぁ、盲人でもあのくらい強いのは分からないでもないです(笑)。

アクションとかあとの流れ、女性刑事とか刑事仲間とかは悪くもなかったです。
多分あんなに仲間内で仲が良いわけではないと思うけど、
よそ者に対しては、一致団結するのよね~笑。 署長さんも♪

奥さんの事故のトラウマが、女性刑事と乗っている自動車で思い出し克服できる形で
決着付けられたのも、ありがちかもしれないけど良かった。

前半は犬も結構活躍?していたんだけど、後半出て来なくなって
忘れた頃の最終盤にあぁいう形で言葉に出て、とても良かった☆
二人がこの先一緒に暮らすんだろうな~って感じが自然にしたし。
でもまぁこの件も、彼女がどうしてあぁいうオッサンに惹かれたのか、
もう少し説明してほしかった。

フランス人にはそんな説明は必要ないのか?笑
そうそう、息子が仲良く暮らしている相手が男性で、
それを全然驚きもしないし・・・やっぱフランスだからかな?

でもね~やっぱり犯罪系は、その「根っこのところ」が一番大事で、
その「犯人と疑う理由」さえもうちょっと分かりやすくしてくれれば良かったんだけどね?

邦題に騙されまして(笑)
もう少しピアノが出て来ると思いきや、たったの1回、ポロンポロンと・・・
この邦題ってあの「あるいは裏切りという名の犬」のシリーズに似せたのかな~???

女性刑事さん、綺麗でした♪
主人公と盲人さん、多分良い俳優さんだと思うけど
いまひとつわかりません・・・。

最初の女性殺しが一番怖かったです。
そうね・・・何と言うか中途半端な作品だったと思います。

ベッソンさんも、もう少し上手に人を育ててほしいです! 宜しく!




<<5-830  炎の街 | BLOG TOP | 5-828  カトリーヌ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -