映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-822  バーバレラ

  1. 2015/07/10(金) 22:30:00_
  2. ロジェ・ヴァディム
  3. _ comment:0
BARBARELLA  (バーバレラ)  1967年・フランス/イタリア/アメリカ



バーバレラ




 
.


2015年7月10日(金)  ザ・シネマ

監督 ロジェ・ヴァディム
主演 ジェーン・フォンダ

感想
美術は「バロン」みたいでした。
なかなか場所場所での出来事や色々と良かったです。
この監督だからそういうことかと納得出来たし、まぁ見られて良かったです☆



以下、「セピア色の映画手帳」さんとのやり取り。

こんにちは☆ (miri)
2015-07-10 14:13:57
この映画を見ました☆
もちろん大昔からタイトルは知っていましたが、中高生の女子が見てはいけない
悪い映画だと思えるような雑誌の記事等で、絶対に見るもんかと思っていました(笑)。
今は私がオヤジ化したので、オンエアがあって飛び付きました(笑)。

まぁオヤジ化しても女なので、男性がこの映画を見る目線とはちょっと違う感じでした。
けっこう美術が美しくて素敵でした♪
最初の宇宙遊泳、何が良いのかいまいちわかりません・・・
(でももちろん、他の部分と同様に楽しみましたよ~!)

> 映画はひたすら夫であるロジェ・ヴァディム監督の「嫁自慢」
> 嫁を苛めて見せびらかしてます。

こいつ、ヘンタイですからね(笑)。 BBの映画でもそういうのがあったし、
この女優さんでも他の作品もヘンタイの香りがしています(笑)。
良い女優がたくさん騙される男・・・男は顔ではないけど
、ホント、どこが良かったんだろう???

私的にはジェーン・フォンダって正統派オスカー女優のイメージが強かったんですけど、
鉦鼓亭さんのお陰で違う一面(ひとりぼっちの青春)も知りましたが、
この映画も良かったです。 そして中高生時代の私の判断は正しかったと、自身を持って言えます♪




<<5-823  アザ―ズ | BLOG TOP | (1-54)  姫君と海賊  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -