映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-854  アルマゲドン

  1. 2015/08/11(火) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
ARMAGEDDON  (アルマゲドン)  1998年・アメリカ



アルマゲドン





 
.


2015年8月11日(火)  BS3

監督 マイケル・ベイ
主演 ブルース・ウイルス

感想
ネット等で、感動する映画という感想と、駄作という感想を、何となく聞いていて
もう長い年月が経ちました。

今回7月のオンエアを初めて見ました。
何故か吹き替えでした。

・・・しかし・・・
この映画は・・・。

正直に書きます☆

まず序盤から前半について

だいたいシャトルってね~笑。
「ライトスタッフ」見たばっかりで、申し訳ないけど、
私的にはコメディでしかなかったです。

特にミッション前日に酒飲んで騒ぐのは、
いくら日数がなくてもあり得ないし、真剣さが全然・感じられなかったです。

次に中盤から最終盤の前までについて

ステーションで無重力じゃないし、笑える~!
それにロシア人をバカにしすぎ、宇宙飛行士があんな非冷静人間であるはずがないもの。

宇宙における全ての描写が、私的にはNG。
何もかもご都合の良いようになっている。

一番怒り心頭になったのは、地上の件ですが、あの美しい町・巴里を隕石で破壊したこと!
アメリカ人のおごりが、その一点に集中している!

最終盤について

帰還のお気楽でお軽い事には仰天!
帰還後の数分の描写は、いかにもアホハリウッドのハッピーエンドの典型、いつの映画よ?

エンドロールの結婚式だけど、いくらハリーが賛成していたからと言って
あんなに笑顔になれますか???
数年後なら分かるけど、父親代わりのヒトが亡くなったんだよ?
「あぁ作りモノ」って感じでした。

全体について

アメリカは偉い! アメリカが世界を救うのだ! という「バカげた妄想」で作られた映画。
国威高揚、こんな映画見た事ない、今年の洋画で3つ目の「×」です。

最初に戻るけど、結局シャトル計画もとん挫して、
今現在、国際宇宙ステーションに行くのに「ロシアの」ソユーズ使うって、
それしかないって、どんだけ惨めよ???

あと「ライトスタッフ」見てからこういう作品を作らないとダメだと思う。
結局は国威高揚のコメディ映画でした! (目に悪い、あの揺れ・ブレ・カメラは素人か?)




<<5-855  のらくら兵 | BLOG TOP | 5-853  アンナ・カレーニナ  (2012年版)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -