FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


349・処女の泉 19  ・スウェーデン

  1. 1980/11/02(日) 17:00:00_
  2. イングマール・ベルイマン
  3. _ comment:2
処女の泉



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1980年11月2日(日) 東映○○にて (2本立て) (19歳)
監督 イングマールベルイマン
   マックス・フォン・シドー

ちっと前から 見たかったのですが ベルイマンは 野いちごに 続くもので
少し抵抗 あったのんよ ホントは




 
.


感想
うーんて ラスト 考え込んで しまった
カリンの 死んでた とこから 不思議に わき出た泉
その水の清さで この映画は すべて よし というよな 気が してきたの
13C.スウェーデン
神を信じ 恐れる人々
道なき道を ローソクを ささげに 娘ひとりで 出すこと 自体が
今じゃ「アホか」と 考えられん こと なんだ けどね
カリン やってた子 ホントに 処女って 感じが でてて とても よかった
けど すごいね 人々の表情と
神に対して… そんな心と
教会を 建てます 神に 誓います
あなたが そう させた つみもない 生娘が 殺され
               私が ふくしゅうを した
お気持ちが わかりません
それなのに あの泉で 私は すべての 不思議を 流せたよ
美しい 白黒も よかったです

男主人と 女主人 その ひとり娘
田舎 作業 やとわれる 人々
父なし子が また 父なし子を 宿す
恐しさや 悲しさの いっぱい つまった 映像 でした

でも ベルイマンは やっぱ 性に 合わんみたい



**********************



2009年11月:追記

この映画は、数年前にBSでオンエアされ、しっかり再見して、保存もしました。
ベルイマン、ってどうしても、
淀川さんが「ほめちぎっていた事」を、思い出すのよね~!

今の私から見ても、いまいち不可解だけど、13世紀ってすごい昔だし
ほーと見て、うーんと考え込んで、芸術とは???と思って、
終わりという感じでしょうか?

殺されるシーンとかは、なんというか、えぐい感じがしなくて
死んだの?って、ちょっと分かんないような感じがしますよね~!



**********************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=11023
原題:JUNGFRUKALLAN
製作年:1960年




<<350・沈黙 19  ・スウェーデン | BLOG TOP | 348・MARATHON MAN (マラソンマン) 1976・AMERICA>>

comment

  1. 2009/11/14(土) 13:23:23 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
これはぜんぜん理解できませんでした。
もともと、女性が乱暴されるのとか復讐ものが苦手で、しかも宗教も理解できないので最後のくだりも訳がわからず・・・。
でも、やたらと印象に残っているから、映像美や演技は素晴らしかったんだと思います。
正直、もう一度観たいとは思わない作品でした。

こんばんは☆

  1. 2009/11/14(土) 19:11:11 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
> これはぜんぜん理解できませんでした。

そうですね、ほぼ同感です。
分からないなりに、映像は美しいように思いました。

> 正直、もう一度観たいとは思わない作品でした。

それで私も長年再見はしなかったのですが、数年前にオンエアされたときには、
これはやっぱり見なくちゃと思ったんですよね・・・不思議な事に・・・
宵乃さんも、もしかして、ずいぶん時間が経ったら、見ようかな?と思うようになったりして?
映画って分からないですものね・・・自分が変わるから。

いつもコメントをありがとう~!
あの映画はご覧になりましたか?また色々とおしゃべりしましょうね~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -