FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


348・MARATHON MAN (マラソンマン) 1976・AMERICA

  1. 1980/10/12(日) 23:00:00_
  2. ジョン・シュレシンジャー
  3. _ comment:6
マラソンマン



1980年10月12日(日) 9:00~10:50 (19歳)
Directed by ジョン・シュレンジャー
     ダスティン・ホフマン 、 ローレンス・オリヴィエ

マラソンマンです 早いね 公開されたころのこと 覚えてます
見たくても 金のなかった この頃 でした




 
.


感想
おもしろい おもしろい ってんで すじだけ 追って
いかにも かっこ 男のドラマ 的な とこは いいんだけど
まー ラストは ひたすら むなしく なっちまった
しかし 手ぎわ よい 演出 かんとくさん さすがと 思うよ
そして ダスティン・ホフマン ローレンス・オリヴィエを はじめとして
マルト・ケラーも ロイシェイダーも いいねぇ
うまいんだ、このお!!
ロイ・シェイダーって こまめに 出演してるんだね
気弱な おっさん 風の フェイスなのに
ジョーズ、きょーふの ほーしゅー、ALL THAT JAZZ、これ
なかなか おもろいです
それと 夜よ、さようなら みたく おもったのは
金持ちでさえ 元ナチスで 南米に かくれてる 上品っぽい
なんての あこがれてたけど じ じゃないって
かんじ です
あれでも 人間か? 年よりは 金に しつこくて やだね
ダイヤの ために 人を 殺し 殺し
自分の 手さえ はものに かえて しまう
でもさ かんとくさん うまいね
おもしろい、おもしろい ってんで すじ おってけば
さいしょ タンクローリーに ぶつかる とこでも そーだし
エルザと めぐりあう とこも そうだし
に、ぱ、ウルグアイと 別々に うつすとこも
そーだし みんなが ダスティン・ホフマンと いっしょに なって
考えたり できる おもしろかった
兄さんが 彼のへやまで 来たかったのは 本当の
かっこ 人間性 として ちりばめられた エピソード
だったよな 気もします



*******************************



2009年11月:追記

この映画は公開時から話題作でした。
映画館には行けなかったけど、数年でテレビで見られました。

内容は多少覚えています。
特に、南米に隠れていた元ナチスの人間の事はスムーズに思い出せました。

D・ホフマンはうまいし、この頃は主演作が目白押し・・・スターでした。
マルト・ケラーって素敵な女優でした。

名作なのかな?
といって再見したいとは思わないけど。



*******************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22479
監督の正しいお名前:ジョン・シュレシンジャー



*******************************



再見時感想はこちら  →  マラソンマン(76・米)(2回目) ・・・ 1-348




<<349・処女の泉 19  ・スウェーデン | BLOG TOP | 347・The Blue Lagoon (青い珊瑚礁) 1979・>>

comment

こんにちは。

  1. 2009/11/17(火) 09:29:18 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
これも学生時分に観た作品です。
マラソンマンという名前にすっかり騙されて(実はその名前が意味するところが秀逸ですが)、序盤からドキドキして観ていたものです。
あれっきり観てはいませんが、私の中では名作の一つです。
まだダスティン・ホフマンという名前も知らない頃に観てますね。(^^;

歯医者に行きたくない!と叫ぶ作品の一つですね。
もう一つは「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」です。

こんにちは、白くじらさん☆

  1. 2009/11/17(火) 10:55:40 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
> これも学生時分に観た作品です。
> マラソンマンという名前にすっかり騙されて(実はその名前が意味するところが秀逸ですが)、序盤からドキドキして観ていたものです。
> あれっきり観てはいませんが、私の中では名作の一つです。
> まだダスティン・ホフマンという名前も知らない頃に観てますね。(^^;

よく覚えていらっしゃるんですね~!
名作の一つ・・・やっぱり若い頃に見て、良かった作品は、
いつまでも心に住み続けるのですね!

> 歯医者に行きたくない!と叫ぶ作品の一つですね。
> もう一つは「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」です。

あぁ~ホラー!!!何も言えない・・・。

わぁわぁ~わぁ~♪

  1. 2009/11/17(火) 20:55:58 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」はホラーですが、実はコメディであり、なんとミュージカルなのです。
そんなに恐くないので、機会があればオススメですよ。

主演リック・モラニス、1986年版を観ましょう。
1960年版は普通です。(^^)

おはようございます☆

  1. 2009/11/18(水) 09:59:47 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
> 「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」はホラーですが、実はコメディであり、なんとミュージカルなのです。
> そんなに恐くないので、機会があればオススメですよ。
> 主演リック・モラニス、1986年版を観ましょう。
> 1960年版は普通です。(^^)

あぁ、そうなんですか?ホラーってついてもホラーじゃない映画もあるんですね!?
そう言えば、聞いたことがあるようなタイトル・・・
映画をあまり見なくなった頃の作品です。

しかし、「普通」って何?
86年版は「ゴージャス」なのかしら?

これは走ってるシーンと

  1. 2012/06/05(火) 10:51:15 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
例の拷問シーンしか思い出せません。大筋は分かるんだけど、強烈なシーンが印象に残っちゃって。まあ、わざわざ再見したいとは思わないですね~、観てて痛いですし!

「遙か群集を離れて」のもうひとつの冷静になれないシーン…何でしたっけ?
本当に羊さんの冒頭ばかり記憶に残っちゃって、他は忘れてしまいました。犬の処分は「お前がちゃんとしつけないから…」とは思ったものの、止める気にはなれなかったという。
海岸に倒れる羊さんたちが目に焼きついてはなれない!!

この映画、どうしてあの女をメインにしたのか謎ですね~。彼女の旦那視点で描いた方がまだよかったと思います。ハッピーエンドにはなりえないし。

Re: これは走ってるシーンと

  1. 2012/06/05(火) 13:36:01 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> 例の拷問シーンしか思い出せません。大筋は分かるんだけど、強烈なシーンが印象に残っちゃって。まあ、わざわざ再見したいとは思わないですね~、観てて痛いですし!

そうなんですか~。
私はほとんど覚えていないので、いつかオンエアしたらと思っています。
もしも気が変わったら、その時ご一緒に♪

> 「遙か群集を離れて」のもうひとつの冷静になれないシーン…何でしたっけ?

いや~書き方が悪かったです。
これはその映画という意味ではなく、
一般的に、宵乃さんは映画を見ていて、冷静になれないシーンが
ありますでしょ。その件です。

そのシーン以外に、一般的に、動物関係も
冷静になれないのね~という意味です。

> 本当に羊さんの冒頭ばかり記憶に残っちゃって、他は忘れてしまいました。犬の処分は「お前がちゃんとしつけないから…」とは思ったものの、止める気にはなれなかったという。
> 海岸に倒れる羊さんたちが目に焼きついてはなれない!!

ヒドイシーンで、この年代どうやって撮ったのか?と思いますよね~。
あれは人形だと信じたいですね・・・
落ちるシーンは低いところから撮って、合成したと・・・。

他に、羊さんの病気のシーンもヒドかったですよね~。
でも、あのシーンは人形だとミエミエでしたからね~。

まぁ、この映画は大した映画ではないから忘れても構わないと思うのですが、
ご覧になった「お時間」が、もったいないですよね~。

たとえば今後、他の映画で良い映画なのに、
そういうシーンだけで他は忘れる、というのは
本当に、お金も時間ももったいないですよね~。

> この映画、どうしてあの女をメインにしたのか謎ですね~。彼女の旦那視点で描いた方がまだよかったと思います。ハッピーエンドにはなりえないし。

この映画は文学作品の映画化なので、多分トーマス・ハ―ディが異常人なんですよね~。
リリアンヘルマン以上だったりして(爆)。
旦那、とは、どのヒトのことでしょうか???(大爆)
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -