映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-846  恋人はセックス依存症

  1. 2015/08/05(水) 23:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
HANKS FOR SHARING  (恋人はセックス依存症)  2012年・アメリカ



恋人はセックス依存症




 
.


2015年8月5日(水)  ムービープラス 

監督 スチュアート・ブルムバーグ
主演 男3人

感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

>酷い邦題ですが、

これはいけませんよね、ホントに真面目なドラマなのに、
邦題を好きな人には内容がガッカリで、中身を好きそうな人は邦題で避けるという。。。

>実際には3人とも主役ですね。

映像の切り替えとか、メッチャ良かったです。
3人とも同じ分量の気持ちをのせてあると思います☆

>依存症が家族、とくに子供を深く傷つける

もちろんお母さんも謝ったと思いますが、
息子はお母さんを投げ飛ばした事を気にしていたと思います。 
お互いに傷つけあって、でも本当は愛しあっているのですよね・・・。

>人間は誰しも完璧じゃなくて、それを受け入れる事が愛なんだと考えさせられます。

これがこの映画で一番考えさせられた事です。 
自分を反省もしました。 
依存症までいかなくても、いろいろと突き詰めるとそういう事だろうと思える事がありまして・・・。

>終盤の”ある呼び方”にはギョッとしたけど、あれは年齢的に考えて違いますよね。ただし、5年以上前にセフレだった事が完全にアウト。一度捕まっとけ!

捕まるのは、ベッキ―ですか??? 
彼女の成育歴は分かりませんが、あの二人の間のあの呼び方は
「遊び」の一種でしょうね~私もギョエ―っと思いました、はい。

>彼の場合は全部当てはまってました。
>やっと本気で依存症と向き合います。
>そんな彼の支えになったのが、新入りセラピー仲間の助けを求める電話でした。
>太った体で大量の汗をかきながら街中を走る様子は笑いを誘うものの、その姿はまるでヒーローのよう。
>そして、彼女と支えあいながら自分も成長し、・・・何気に一番がんばっていたかも。
>相手は女性で一歩間違えばセックス依存症同士どうなるかわからなかったところ、二人とも友情を何よりも大切にしていて最後には爽やかな感動がありました。

彼のエピソード、彼女のエピソード、二人でのエピソード、食い入るように見入りました。 
あの二人で泥沼?と疑った自分が恥ずかしいです(笑)。 
イラストのシーン、本当に良い涙が流れますよね~。

>どれだけ街往く女性の挑発的な服装が、セクシーな看板や広告が、誘惑だらけのテレビやネットが、

普通の男性にもぎょぎょぎょの連続ではないでしょうか?
私など女目線からも「おいおい」って思う事ありますものね~。

>この病気で一番怖いのは性病の蔓延だと思うんだけど、誘惑を回避する手段とかもう少しなんとかならないのかな?

ここまで時代が進むと、なかなか難しいような気が・・・
結局は幼い頃からの教育と環境、そして自分自身がシッカリする事でしょうね・・・と、
いま プレシャスの顔が浮かんで涙・・・。 

自分ではどうにもならない事も多いのでしょう・・・アメリカだけではないのでしょう・・・
本当に邦題とは全然違って 考えさせられる良い作品でした☆

>ちなみに、原題は「聞い(共有し)てくれてありがとう」という意味で、グループセラピーで自分の辛い心境を話した後のお決まりの台詞です。

直訳では日本人にはなじみ薄いですよね・・・
それにしてももうちょっと何とかならなかったのでしょうか???




<<5-847  どしゃ降り | BLOG TOP | 5-845  ダーク・シャドウ >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -