fc2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


334・SEA KILLER (少年と鮫) 1980・AMERICA

  1. 1980/06/29(日) 17:30:00_
  2. その他の外国人監督作品 は行
  3. _ comment:2
中古VHSの画像です。
「チコと鮫」は、リメイク元だという事が分かりました。



少年と鮫



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1980年6月29日(日) 名宝スカラ座にて (2本立て) (19歳)
Directed by

にてるなーと思ったら 「チコと鮫」と 同じ人の 原作だそうです




 
.


感想
すごいよかったよ トロピカル とかなんとか じゃ なくてもさ
私が いちばん いいと 思ったのは サメを あみから 救おうとした
チコヨが いきが続かなくなって そしたら ダイアナが 来て さんそ 2人で
交代に すって サメと いっしょに 逃げたとこ
チコヨの 愛は ずっと 本物と 思ったけど ダイアナは どうかな?と
思ってたからさ
それでも 10年も アメリカで 育てば あの南海で 島の娘みたく
踊っていた ダイアナじゃ なくなるもんね 小屋に 住むのは 一生じゃ
ないもの
だけど ラストは 信じたいな 信じられるな 
ダイアナも かわるんじゃ ないかな ってね
海のカメラが すごいと思った さいっしょからね
音楽流して 目で見せるの セリフで おうのじゃない ホントの
映画でね (Music by フランシス・レイだって いいねー)
さいしょに サメが 死ぬ まぎわ 子を生んだとこ すごいなーと 思った
あのおじーさん マニドウだっけ よかったね 自らの死
そして たましいを サメに すごい それが 通じたのだと 思う
なんかさー すべてが よかったもんね ホントに
B級かなーとか 思ってたのに それで The Sound of Musicの
うらだから いかんかなーと 思ってたのに よかった
さわやかな えーが でした
チコヨの心が 大すき 自然を神とするものが すばらしいわ
ダイアナの兄とか おじーさんとか 商業主義の かたまりの やつらは
いやね でも死ぬのは かわいそうよ・・・

いいね あんなくらし ゆめかな?
でも あの うみのいろ おもうと すばらしい



******************



2009年10月:追記

この映画には期待していなかったのかな?
ホトンド覚えてないけど、酸素を少年と少女が交代に吸うシーンは
なんとなく覚えています。

海の色が素晴らしかったみたい!
期待しなくて見て、「良かった」という作品は、本当に良いですね~!
現在DVDは、ないようです。
でもネット検索では引っ掛かるので、良かったです。



******************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10803
製作年:1979年
監督:フランク・C・クラーク
主演:デイトン・ケイン



2013年7月現在、この映画は再見していません。





<<(242) ・ Heaven Can  Wait (天国から来たチャンピオン) (3回目) | BLOG TOP | (62) ・ The Sound of Music (サウンド・オブ・ミュージック) (5回目) 1965・AMERICA>>

comment

管理人のみ閲覧できます

  1. 2018/08/15(水) 10:23:38 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

8月15日に非公開コメントをくださった方へ

  1. 2018/08/16(木) 06:26:50 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございました☆

次は公開コメントでお話しできると嬉しいです。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


ご挨拶

2021年2月から新ブログ「スクリーンのこちら側から・・・」に記事をアップしています。 このブログは今後も月に一度のまとめ記事をアップし続けます。 

このブログの検索フォームです

カテゴリです❀

1975年からの記録

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2024 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -