映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1128  東京上空いらっしゃいませ 

  1. 2016/07/17(日) 23:00:00_
  2. 相米慎二
  3. _ comment:0
東京上空いらっしゃいませ  1990年・日本



東京上空いらっしゃいませ





 
.


2016年7月17日(日)  BS3

監督 相米慎二
主演 中井貴一

感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

>牧瀬里穂は可愛いけど、ストーリーが気持ち悪かった。

なんというか、残念な作品でしたね~
いまいち、そのもの・・・

というか、多分、『牧瀬を売り出す為』だけに作られていたので
当時はこれで良かったのかもしれませんし、
今現在も見るのは牧瀬のファンくらいで?笑

BS3でオンエアしなければ一生知らないままだったと思うし・笑
相米監督いまひとつなんですよね~笑
牧瀬が吠えるだけの作品で、痛々しかったし、うるさかった☆

>まず、最後に会うなら復讐相手より両親を選ぶと思う。

この点は、今現在の宵乃さんや私から見ると仰る通りで
今現在の風潮ではこうなると思いますが、
多分上記に書いたような作品ですのでね・・・
両親が(ほぼ)全く出て来ないという・笑

>それに、保身のため・・・以下

まぁこれは主人公だけではなく会社全体でやっていた事ですのでね~
恋愛うんぬんは、上記に書いたような作品なので
そういう成行きになるしかないというか・・・トホホ・・・

>自分のせいで死んだと一生引きずって、あのヘンタイおやじを告発&腐った業界の健全化に生涯を捧げてろ!

彼女が死んだのは、誰のせいという事もないと思いますが
多分一番悪いのは鶴瓶の役柄ではないでしょうか?

この主人公は宵乃さんの希望の道は進まないと思います・笑。
自分だけの為に生きてゆくでしょう。

芸能界の一部分のヘンタイおやじは、今も現実にいるのかなぁ?
こわいなあああああ。。。。

そういうわけで、私にとってこの作品は、相米監督のイメージダウンにしかなりませんでした☆ (実は主人公の俳優、大嫌いで・・・ほほほ・・・)


<<(2-764)  トム・ホーン  (2回目) | BLOG TOP | 5-1127  裸足の季節>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -