FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


331・HISTORY IS MADE AT NIGHT (歴史は夜作られる) 1937・AMERICA

  1. 1980/06/08(日) 17:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:2
歴史は夜作られる



1980年6月8日(日) シネマ○○にて (2本立て) (19歳)
Directed by 
     Charles Boyer 、 Jean Arther


クレオパトラ的 内容かと 思いきや ずい分 ちがっていたなあ!




 
.


感想
いろいろ 書きたい まず シャルルボワイエが 英ゴが うまくて
なんか 残念 やっぱし フランス映画で フランス語 話してて ほしい 
シャルル・ボワイエも ジーン・アーサーも 当時の 実年れいと ちがって
ずい分 わかく 見えたよ 美ぼうの スターは トクだね
シーザー(カエサルと いいたい) やってた人 うまくて シーザーは
最高だった 英ゴ話すのに コーフンすると フランス語で
ブツブツ 彼の エビと サラダと ’21の シャンペン のみたい
昔の映画って いいな 黒白で すごく すてきっぽくて
人みんな やさしく 描いて 黒白の方が カラー なんだよ きっと
彼女の夫 やった人 たまらん いやな ヤツでね
いじわるそーで 自殺したのも けっきょく 逃げたんだし
パリ → ニューヨーク ビクターの店が はんじょー してく
よーな とこまで ドラマは スムーズで 気分よく
動いた くせに アイリーン号で パリに 向かう ころから
ドラマが もたつき だして ヘンだった
それなのに さいご あたりは タイタニック みたいに
ぶつかって 女の人と 子供を 先に ボートに のせて
別れを おしみ のこった人も 讃美歌を うたう
なんて とこ 半分 呆れてて どーせ 助かるんだ
って わかり きってても やっぱ ラスト みんなの 喜び
2人の 幸せな 未来への 一歩 泣けてきて しまった
うまく つくってる けど 題名は なんじゃこれ と思う (原題)

ともあれ 楽しみました



***********************



2009年10月:追記

この時は2本とも楽しみにして行きましたが、
もう1本は再見だったので、この映画は特に楽しみでした。

映画の内容は全く覚えていませんが、主演の二人、今でも好きです。
監督は誰だろう?
今調べたら、フランク・ボセージさんと言う人らしい・・・全然知らないなあ?
VHSはあったようですが、DVDにはなっていない様子です。

前日も映画を見に行っています。
この頃は映画に狂っていたので・・・誰と行ったのか書いていないし、
一人が多かったので、全く記憶になく、書いておけば良かったかなぁ?と思います。



***********************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=25295
監督:フランク・ボーゼージ



***********************



再見時感想はこちら  →  歴史は夜作られる(37・米)(2回目) ・・・ 1-331





<<332・Paper Tiger (太陽にかける橋) 1975・ENGLAND | BLOG TOP | (115) It Happend at a Night (或る夜の出来事) (3回目) 1934・AMERICA>>

comment

こんにちは。

  1. 2012/07/12(木) 11:06:30 |
  2. URL |
  3. ascapapa
  4. [ 編集 ]
 私事で申し訳ないです。若かりし頃に社交ダンスのレッスン場に繁く通った頃、一番好きな旋律がタンゴでした。(今でも好きですけど)。
 ということで、この映画=“♪~ラ・クンパルシータ~♪”の私です(笑)。

 フランク・ボーゼージ作品は、第1回アカデミー賞で、監督賞を受賞された「第七天国」を観ています。
miriさんは、ご覧になられたでしょうか?。
私は、神の領域近くまで辿り着くようなこの純愛映画に、痺れた思い出があります。またまた私事で申し訳ないです。VHSは昔次女に…。今頃第七天国で観ているでしょう。

ついつい筆が滑ってしまいまして、私事ばかり書いてしまったようです。決して他意はありません。もしお気を悪くされたら申し訳けありませんでした。(このコメントは消去していただいても結構です)

アスカパパさん、こんにちは☆

  1. 2012/07/12(木) 15:03:33 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

>  私事で申し訳ないです。若かりし頃に社交ダンスのレッスン場に繁く通った頃、一番好きな旋律がタンゴでした。(今でも好きですけど)。
>  ということで、この映画=“♪~ラ・クンパルシータ~♪”の私です(笑)。

ハイ、記事で読ませて頂きました☆
素敵なダンスシーンですね~。

>  フランク・ボーゼージ作品は、第1回アカデミー賞で、監督賞を受賞された「第七天国」を観ています。
> miriさんは、ご覧になられたでしょうか?。

素晴らしい監督さんのようですね~。
オスカーのことも、今回調べて知りました。
残念ながらその作品は未見なので、いつか見られれば・・・と思います。

> 私は、神の領域近くまで辿り着くようなこの純愛映画に、痺れた思い出があります。またまた私事で申し訳ないです。VHSは昔次女に…。今頃第七天国で観ているでしょう。

娘さんも映画お好きなのですね~。
ハイ、きっと鑑賞なさっている事でしょう。

また娘さんの想い出を、いつでもお聞かせくださいね~。
映画とともによみがえるあれこれは、全部パパさんの大切なモノですものね~。
私にも分けて下さいね~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31