FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-30)  Love Letter  (2回目)

  1. 2013/01/19(土) 23:30:00_
  2. 岩井俊二
  3. _ comment:0
再見  Love Letter  1994年・日本



ラブレター




 
.


2013年1月19日(土)  日本映画専門チャンネル

監督 Syunnji iwai
主演 Miho Nakayama

感想抜粋
初見時もなかなか好感ではあったのですが、
当時恋人が死ぬ設定のドラマや映画が多くて辟易としていた事もあり、
ものすごく良い印象があったわけではありませんでした。

それで今回半分仕方なしに再見したのですが、
思いがけずに良くって、ビックリしました。

もちろん恋人の死、ひろこの悲しみ、秋葉氏の大きな気持ち、
いつきの生活と中学時代の日々・・・
それらは本当によく覚えていて、今回もそのままでしたが、

初見時には「いつきの家族っていいよね、お母さんとお爺さん」のひと言で
終わっていた事柄が、今回は一番胸を打ちました。

もう亡くなって長い 范文雀さん(余貴美子さんは従兄妹だそうですね)のお母さん役
さいきん全然見ないけど昔「時の人」だったクマさん(篠原勝之さん)のお爺さん役

その二人との生活を送る、いつき。
酒井美紀の中学生の時から
(初見時はこのキャスティングがすごく嫌でしたが今回はそこまでは思いませんでした)
図書館に勤める今現在までも、

お金持ちというわけでもないし、特に仲良し家族というわけでもないけど、
毎日を皆それぞれの役目果たしながら生きて、

中3の元日に亡くなったお父さんの事が
どんなに頑張っても、風邪をこじらせたって亡くなる人はいるんだから
(私も現実にそういうヒトを知っています、若く美しい女性でした)

だからこそ、いつきがそうならないように、
現実的ではないけど、あぁしておぶって走る、大雪の中を、
小樽の坂の街を、走る、走る、、、

回復して、何気ない会話の3人・・・
神戸の様子を映さずに、こうしてこの映画が終わった時に

「あぁイイ映画だったな~」と、こころから
拍手を送りました。

♪花は咲く♪ の 作詞で今はときめいているけど、
あなたの本職は映画監督、これからもイイ映画つくって下さいネ!

この時期の中山美穂はキレイで、無理のない二役のこの作品は
ある意味、邦画の宝ですね~。

秋葉氏は、トヨエツの中でも1番か2番に好きだったけど、
今回もそれは同じでした☆




初見時感想はこちら  →  Love Letter(95・日) ・・・ 2-30 





<<2ー2007  セイ・エニシング | BLOG TOP | 2-2006  くまのプーさん/完全保存版 II ピグレット・ムービー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -