FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2042  ヒューゴの不思議な発明

  1. 2013/02/22(金) 23:30:00_
  2. マーティン・スコセッシ
  3. _ comment:0
HUGO  (ヒューゴの不思議な発明)  2011年・アメリカ



ヒューゴの不思議な発明





 
.


2013年2月22日(金)  レンタルBD

監督 マーティン・スコセッシ
主演 エイサ・バターフィールド (ヒューゴ 役)


感想の前に

ありゃ~!  これも「ファンタジー」で ございました☆
知らずに「おおかみこども~」と一緒に借りました。
どちらも、本当に美しい・美しい映像のBDでした。

ほぉ~主演は「縞模様のパジャマの少年」のブルーノ君ですか~!
大きくなりましたね~☆
顔がちと変わっている、前の方が可愛かった・・・仕方ないなぁ。。。
あ、でもよく見りゃ「目」が 一緒だわ~!!!

パリで英語ね・・・フン。



感想

私ならこの作品にオスカー差し上げます。
「アーティスト」とは比べ物にならない出来です~!

そしてヒューゴが発明したのは(モノ・物体ではありません)
ジョルジュの心を溶かした(修理した)“想い”だと、私は思います。
決して「映画」という技術ではないと思います。
(原作は知らないので、この映画だけを見て思う事です)

映画製作の映画、映画を愛する人を描いた映画、色々とありますよね~。
いくつか私も好きな作品があるけど、
この作品はその中でも「ピカ1」になるかもしれません。

だって、本当に映画を愛し作った人と、
戦争が引き裂いたその人の心を、良い方向に導くために現れた数々の人、
その何十年もの時を経た、どちらをも丁寧に描いているからです。

一部描写が不必要に長い部分が気になるけど
(多分3Dで見ると良いからでしょうね?)
それ以外は満点の映画ですね(あ、英語も・・・ふたつ以外はね)。
20分は削れたな~(爆)。

ジョルジュと奥さんはもう少し若い俳優で、現在をメイクで頑張って欲しかった。
ちょっとトシで、昔をメイクして表現するのはちとキツイ!
(まぁ許せない事はない範囲だけど)

好きなところ・・・
ハートの鍵で動いた人形を二人が嬉しくて見ているところ。
ジョルジュが話す物語りを聞く、その場の雰囲気。
公安官がヒューゴを助けるその瞬間。
そしてラストシーン。。。

監督は映画がお好きで、このジョルジュという人に尊敬を持っていて
もう一度世界中の皆さまに思い出してもらいたかったんでしょうね~。
もちろん自分も作りたいから作ったんでしょう。
結構イイ奴じゃん!

・・・最後まで見て一番思ったのは、
ガス室に消えてった)あの美しい瞳のブルーノ君が
大きくなって、良い作品で、ヒューゴになって、元気いっぱい生きている事に
大きな喜びを感じました☆

「縞模様のパジャマの少年」を先に見ておいて、本当に良かったな~と思います。
彼は英語だけどヨーロッパが舞台の作品が似合うのかな?
この先俳優になってゆくのかな?
もし俳優になれなくても、その2作品だけでも、
私の心にはずっと残ってゆくと思います♪





<<(2-224)  7月24日通りのクリスマス  (殿堂入り) | BLOG TOP | (1-406)  E.T.  (2回目?)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31