FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-360)  ラブ・アクチュアリー (2回目)

  1. 2009/10/09(金) 23:30:00_
  2. リチャード・カーティス
  3. _ comment:12
「ブログ DE ロードショー」 で皆さんと一緒に見た 「ラブ・アクチュアリー」 について書きます。
賛同して、見て下さった皆さん、ありがとうございました~☆




 
.


今回の感想・・・
やっぱり良い映画だと思う、私はこの映画が好き☆

イギリスには たくさんの良い俳優が居るんだなあって思いました。
私は最近の洋画の事をあまり知らないので、
この映画に出てくる俳優・女優の事もあまり知りません。

そして今回は、その事が、本当に良い方向に働いた、と思うのです。
「多分この人はスター?」と思う人は数名いても、詳しくは知らないから、
そういう人たちと、日本では知られていないような俳優達とを、
同じスタンスで見られたからです。何の曇りも偏見もなく、素の心で。

******************

今回は2回目なので、全体的に全てが分かりやすかった。
一番思ったのは、この映画は
最初のシーンで、もうすでに泣かせるという事と、
(誰にでも、人にはきっと誰かが いるから・・・親子でなくても、男女でなくても、友だちでなくても)ラストの同じ場所の愛のあふれるシーンの素晴らしさに、脱帽ですね。
(主役達が去った後のシーンです)

******************

この映画の一番のキモのシーンは、
昔売れたロックスターが、長年一緒の男マネージャーに
「自分が愛しているのは、お前だ」と言って、
お互いに背中を抱き合うところだと思います☆
「ポルノでも見て、飲み明かそう」という言葉も、イイと思いました。

恋じゃないよ、愛なんだから。そう思うと、この二人だけなのかもしれない。

あと、精神病の弟のいる女性・・・
彼との事はうまくいかない恋でも、弟への愛が☆

あと、片想いの彼は、花嫁に迷惑にならないように、
負担にならないように、という想いが、やっぱり愛☆

他のエピソードは、夫婦・親子以外は「恋」なのかもしれないけど、
要するに「相手を大切に想う温かい気持ち」なんだと思う。

******************

日本人は普通「誰にでもハグ」とか、
「恋人以外の人に対しての頬へのキス」はしないから、
この映画のそれらが、ちょっと恥ずかしいような気がするけど、
生まれた時から普通にしていれば、なんという事はないのでしょうし、
気持ちを伝えやすい手段だと思いました。

******************

分かりにくくなくて、いつもどこかでつながっていて、でも独立した人たちで・・・
人は愛を愛で生きるって、ホントに素敵な作品でした♪

明るい愛だけが愛ではないけど、あぁそうなんだ、って思いますよ。
なんか、心あったかくなるし、愛はどこにでも「あふれている」んだよね!

******************

ラストの空港での登場順に・・・
ロックスターとマネージャー
作家とポルトガル人
黒人と花嫁、片想いしている人(全員、上の作家の友人)
会社の社長夫妻(妻は首相の妹)
(空港にはいないけど、その会社で働いている彼女と彼)
母親を亡くした子と、そのステップ父(首相の妹とPTA仲間)
映画の裸の役(スタンドイン)をした男女
アメリカにナンパに行っていた子、その友人(上の映画のスタッフ)
英国首相と、ちょっとおかしなナタリー

これで19人かな?他にも少し居たけど・・・
アクセ売り場の店員がスターの人で、空港で坊やを助けて素敵でした☆

******************

↓ Franc franc特製携帯ストラップを封入した25,000個限定版DVDです。
クリスマス・プレゼントにいかが?

ラブアクチュアリー

******************

この記事は9日金曜日に書いて予約投稿にしてあります。
今(12日の夜)ロッカリアさんの記事を読ませてもらい、
似たような内容になっているから(イラストも)ちょっと恥ずかしいけど、
書いたまま、ありのままにアップします☆



初見時感想はこちら

ラブ・アクチュアリー(03・英/米) ・・・ 2-360 
ラブ・アクチュアリー(03・英/米)(2回目) ・・・ 2-360 (第3回 ブログ DE ロードショーの別感想文)
ラブ・アクチュアリー(03・英/米)(殿堂入り) ・・・ 2-360 
ラブ・アクチュアリー(03・英/米)(殿堂入り) ・・・ 2-360 
ラブ・アクチュアリー(03・英/米)(殿堂入り) ・・・ 2-360 
ラブ・アクチュアリー(03・英/米)(殿堂入り) ・・・ 2-360 





<<2-397  初恋  (2006年版) | BLOG TOP | (2-360)  ラブ・アクチュアリー  (2回目)>>

comment

お疲れ様~!

  1. 2009/10/13(火) 12:14:00 |
  2. URL |
  3. 宵乃からす
  4. [ 編集 ]
わたしも記事アップしました。書き終わるまでみんなの記事は読まないと決めて書いたんですが、かぶらなかったようでホッとしました。

ほんと最初の空港のシーンは泣けますよね~。なんでもない風景の中に”愛”が溢れているんだと気付かされます。
各エピソードにも、これでもかと言うほど”愛”がギュウギュウに詰め込んであって、観終わった頃にはあったかい気持ちに満たされていました。
売り場のひとのさりげない手助けも良かったですね。
なんだか、人々の愛を見守る天使のようでした(オジサンだけど・・・笑)

サイさん、こんないい作品に出会わせてくれてありがとうございました~♪

Re:お疲れ様~!

  1. 2009/10/13(火) 19:26:02 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
今、宵乃さんの記事にコメントを書かせてもらいました~!
本当にお疲れ様でした~♪

> ほんと最初の空港のシーンは泣けますよね~。なんでもない風景の中に”愛”が溢れているんだと気付かされます。
空港についてはまた別の話があるので・・・。

> 各エピソードにも、これでもかと言うほど”愛”がギュウギュウに詰め込んであって、観終わった頃にはあったかい気持ちに満たされていました。
相手を想う温かい気持ちに、老若男女や国籍や人種の区別は全くないと、分かっていたつもりだったけど、本当に本当にそうだったんだなぁと、心から思える映画でした。
(DVDの特典映像のアフリカのシーン、ご覧になりましたか?)

> 売り場のひとのさりげない手助けも良かったですね。
> なんだか、人々の愛を見守る天使のようでした(オジサンだけど・・・笑)
この人はスターさんですね?映画は見た事ないのですが、あの顔は見た事あります。
絶対わざとやってるってミエミエでしたよね~☆

> サイさん、こんないい作品に出会わせてくれてありがとうございました~♪
いえいえ、こちらこそ、そんなに言ってくださり、有難うございます☆
今回は私がゴリ押しした作品になってしまったので、ちょっと不安でした。
宵乃さんがそう言って下さったおかげで、本当にホッとしました。
また次回もよろしくお願いしま~す☆

こんばんは!!

  1. 2009/10/13(火) 23:42:57 |
  2. URL |
  3. なるは
  4. [ 編集 ]
ブログの件でばたばたさせてしまってすみません!
どちらにも記事掲載されていたんですね;
早とちりですみませんでしたv-435


なんだか私の映画レポが浅はかで恥ずかしいです;
ハナっから苦手映画と決めつけて、
あまり上品な書き方ができなかったなぁと。

この映画、確かに冒頭と終わりの空港でのシーンは素敵ですよね。
あらゆる「再会」や愛する心が一面に溢れていて、
人間って思っているより、愛し合う素敵な生き物なんだなーと気づかされました。
あのシーンはうるっときましたね!

今回もブログDEショーお誘い頂き、本当にありがとうございました!

こんにちは、なるはちゃん☆

  1. 2009/10/14(水) 12:17:01 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
コメントをありがとう~!

> ブログの件でばたばたさせてしまってすみません!
いえいえ、あの文章、とっても嬉しかったですよ~!このコメントをいただいたので、あの文章は他へ写して、一応拒否?という事にさせてもらいますね~!

> なんだか私の映画レポが浅はかで恥ずかしいです;
> ハナっから苦手映画と決めつけて、
> あまり上品な書き方ができなかったなぁと。

いえいえ、自分の思いをちゃんと記事になさって、素敵ですよ☆
最初は誉めていて・・・上手に導入して・・・どんどん引き込まれて・・・最後の最後まで引っ張ってくれる記事です☆

> この映画、確かに冒頭と終わりの空港でのシーンは素敵ですよね。
> あらゆる「再会」や愛する心が一面に溢れていて、
> 人間って思っているより、愛し合う素敵な生き物なんだなーと気づかされました。
> あのシーンはうるっときましたね!

日本人はハグなどの表現はヘタですが、それでも瞳の中に再会の喜びの愛のあるシーンは、結構どこの駅でも見かけるシーンなのかもしれない、と、気付かされました。

> 今回もブログDEショーお誘い頂き、本当にありがとうございました!

本当に参加してくれて、素早く記事も仕上げてくれて、ありがとう~!
また次回もよろしくお願いします♪

管理人のみ閲覧できます

  1. 2009/10/16(金) 09:22:47 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2009/10/16(金) 13:39:55 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2009/10/17(土) 18:32:41 |
  2. URL |
  3. ユウ太
  4. [ 編集 ]
サイさん(^^)こんにちは!
いつもありがとうございます。

忙しくてなかなかコメント出来ませんでしたが、自分も記事を作り、やっと皆様の記事も拝見出来る事が出来ました。
遅くなりましてすみません。

サイさんの感想を拝見しました。流石だと思います。

自分は「恋愛」に注目してしまいましたが色んな愛の形、それぞれの「愛」を汲み取って取り上げてらっしゃるサイさんの感想にも「愛」を感じずにはいられません。

素晴らしいです~(^^)

でも本当にお誘いを戴き、この映画を観る事が出来て良かったと思います。
久しぶりに心が暖かくなり涙してしまいました。暖かい気持ちの涙は久しぶりです。(^^)

自分もキ-ラ・ナイトレイに聖歌隊を装って愛を告白したドラマと男の子のドラマに涙涙でした。

男の子が空港を一心に走る姿。思わず力が入って応援してました。笑

「相手を大切に想う温かい気持ち」 そうですね!これだっ!って納得しちゃいました。(^^)

素晴らしい映画のお誘いと素晴らしい感想を本当にありがとうございます。
また心が暖かくなっちゃいました!(^^)

こんばんは☆

  1. 2009/10/17(土) 19:57:38 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
ユウ太さん、お忙しいのに有難う~!
ユウ太さんの素敵な記事と、この温かいコメントと、両方とも、本当に有難う☆

> 遅くなりましてすみません。

そんな事ないんですよ、各自、都合の良い時にするのが、この企画の良いところだし、記事等は強制ではありませんので、どうかお気楽に~!

> 素晴らしい映画のお誘いと素晴らしい感想を本当にありがとうございます。
> また心が暖かくなっちゃいました!(^^)

同じ映画を見ても、それぞれに感じるところが違うのが、映画の面白いところだと思います。
私の記事を誉めてくださり、ありがとう~!
でもホントに人それぞれ、その人らしく感じる事が素晴らしいことだと思っています☆

心が暖かくなっちゃったのは、ユウ太さんが暖かい人だからだと思います♪
今回も賛同して見て下さり、ホントに嬉しかったです。
また次回もよろしくお願いしますね~♪

  1. 2009/10/25(日) 21:43:18 |
  2. URL |
  3. ケン
  4. [ 編集 ]
往年のロックスターとマネージャー。
独り身の年増女と病を患う弟。
本筋ではないけれど、印象にのこるペアリングですよね。

特に心の病を患う弟は、短い時間なのにリアルな演技だと思います。
そういう脇の部分を丁寧にえがいた、魅力的な映画でした。
この機会に観れて良かったと思います。
次に自分が選んだ作品も、そうなると良いのですけど。

おはようございます☆

  1. 2009/10/26(月) 07:52:56 |
  2. URL |
  3. サイ
  4. [ 編集 ]
> 往年のロックスターとマネージャー。
> 独り身の年増女と病を患う弟。
> 本筋ではないけれど、印象にのこるペアリングですよね。

私は実はこの二組が、この映画のキモだと思っています。

> 特に心の病を患う弟は、短い時間なのにリアルな演技だと思います。

特に、初見のときは、この弟と、あの姉と、クリスマスイブの日に、心から抱きしめあう、あのシーンに涙あふれ、すごい映画だなあと思いました。

> そういう脇の部分を丁寧にえがいた、魅力的な映画でした。
> この機会に観れて良かったと思います。
> 次に自分が選んだ作品も、そうなると良いのですけど。

この作品をそういってくださり、本当に有難うございます☆
ごり押しして、結構、責任感じていたので・・・ホッとしました♪

ケンさんの作品、楽しみにしています。もうちょっとの辛抱ですね!
今日も良い日でありますように~☆

  1. 2013/06/25(火) 03:24:00 |
  2. URL |
  3. マミイ
  4. [ 編集 ]
miriさん、おはようございます。
(またも変な時間に目覚めてしまいました(^^;)
この頃はmiriさんも宵乃さんもお名前が違うんですね。
なんだか感慨深いです。

>最初のシーンで、もうすでに泣かせるという事
再見時は確かに、最初の空港の場面ですでにウルウルきちゃいました。
あの抱擁の場面も描きたかったのですが、
どの抱擁もすばらしくて選べませんでした。

>要するに「相手を大切に想う温かい気持ち」なんだと思う。
本当にそうですね。
だからこそ、
「愛は実際のところ(ラブ・アクチュアリー) いたるところにある」なのでしょうね。

>人は愛を愛で生きる
名言いただきました!
さすがに早起きしすぎなので多分、もう少ししたらまた2時間ほど寝ると思うのですが
この言葉を思いながら眠りにつこうと思います。
いい言葉です♪

マミイさん、こんにちは☆

  1. 2013/06/25(火) 13:17:11 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> (またも変な時間に目覚めてしまいました(^^;)

お元気なら、イイです☆

> この頃はmiriさんも宵乃さんもお名前が違うんですね。
> なんだか感慨深いです。

そうですね~(笑)。
私はこのブログを作るときに佐為先生(アニメ・ヒカルの碁)がマジ好きだったので
単純にそのままハンドルネームにしたのですが、
その年の年末に元々使っていた名前に戻しました。

実を言いますと、当時、宵乃さんを「からすちゃん」と呼びたかったのですが、
機会を逃してしまい・・・残念でした(笑)。

> >最初のシーンで、もうすでに泣かせるという事
> 再見時は確かに、最初の空港の場面ですでにウルウルきちゃいました。
> あの抱擁の場面も描きたかったのですが、
> どの抱擁もすばらしくて選べませんでした。

ハイ、マミイさんが一番お好きなエピソードを描かれて良かったと思います☆

> >要するに「相手を大切に想う温かい気持ち」なんだと思う。
> 本当にそうですね。
> だからこそ、
> 「愛は実際のところ(ラブ・アクチュアリー) いたるところにある」なのでしょうね。

ハイ、そう思います。
でも、毎日の生活の中で、忙しさに紛れてしまうと、
本当に大切な想いなのに、お互いに伝えられないこともありますよね~。

この映画を見ると、周りの全てが新鮮にも見えてしまうので
反省するし、素敵な作品だと思います。

> >人は愛を愛で生きる
> 名言いただきました!

おっ、名言とは!!!
座布団以上に嬉しいです~♪

> さすがに早起きしすぎなので多分、もう少ししたらまた2時間ほど寝ると思うのですが

最初にも書きましたが、マミイさんがお元気ならイイです☆
お節介なこと言っているな~と思って反省もしたんです。。。
ご職業柄もあるし、子育て中ですし、ご自身でコントロールなさっていらっしゃるから~♪

> この言葉を思いながら眠りにつこうと思います。
> いい言葉です♪

本当にありがとうございます!
言葉を誉めて頂き嬉しいです!

では、ダーリンさんと、3人のボーイズと、お幸せに~!


 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29