映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


1970年代の2作品を再見しました☆

  1. 2017/01/25(水) 23:00:00_
  2. 外国人監督作品が複数ある記事
  3. _ comment:4
メリーゴーランド  1974年・イタリア  (2回目)

マイ・ウェイ  1975年・イギリス / 南アフリカ  (2回目)



メリーゴーランド VHS  マイウエイ VHS





 
.


どちらの映画も、DVD化はされてなくて
(未来永劫されないとは限りませんが)
いまのところ、VHSをお借りするしか、再見する方法がないので、
若い時に見た作品はなるべく全部再見したいと思っている私にとっては
「レンタルVHS」の会社があることは、本当に有難いです☆

今までも数作品、レンタルVHSで再見してきたし、
今後もそうしてゆきたいと思っていますが、
もうVHSを再生する機械の生産が終わってしまったらしく、
私も手持ちの機械を大切にして、全部壊れたら、それで終わりって感じですかね?
それまであと何年かわからないけど、そうやって見てゆきたいと思います。






(1-320)  L'ULTIMA NEVE DI PRIMAVERA  
(メリーゴーランド)  1974年・イタリア  (2回目)

1月24日(火)  VHSレンタル 
監督 ライモンド デル バルツォ
主演 レナート・チェスティ 
初見時感想 → こちら

感想
再見したことは良かったです。

映画の隅々まで、当時の価値観が溢れていて、
主人公よりちょっと上だけど やっぱり子供だった自分には、
「あるある」で、親ってこんな感じしていました。
もちろん母親はいたのですが、世界全体が「父親は忙しく働け」って感じの時代でした。

病気のことは絵空事なので特に感想はありませんし、
死ぬことを自分で察知して遊園地で遊ぶ」って
いかにも作り事で、幸せな人たちが喜んで見る題材だと思います。
(自分達には関係ないから)

あの女性のことがけっこう気になりました。
何も覚えていなかったので、こういうお話、こういう子供と父親に、
彼女のキャラはホントに良かったなぁって感じ。
キスを見られたことも、彼女ならではの切り返しで、
子供に対応するには、子供の心をもって素直に対応するのが一番なんだなあって
深く納得しました☆





(1-85)  MY WAY  (マイ・ウェイ) 
1975年・イギリス / 南アフリカ  (2回目)

1月25日(水)  レンタルVHS
監督:エミール・ノファル / ロイ・サージェント
主演:ロイ・スチュアードソン
初見時感想 → こちら

感想
今目線でどうこうは言えないけど、息子が死ななければ、
障害者になっても離れていっても、目が覚めなかったのに、
それどころか、ラストのあのマラソンがなかったらまだ?と思うと
バカさ加減に言葉も出ない・・・

娘とか妻もそれぞれあったけど、全体的にこの映画は
多分製作者側の誰かが深い思いを込めて
ヒットしなくても良いから作りたかったんだと思いました。

ずっと流れるあの歌には、クロクロ (こちら) を思い出し、シナトラはうまいことやったなあと
今現在ならなと思ったり、フランス語って残念的な感想を再び持ちました。






<<(2-570)  ブルグ劇場  (2回目) | BLOG TOP | 5-1228  地球に落ちて来た男:完全版 >>

comment

こんにちは。

  1. 2017/02/13(月) 17:51:07 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
「マイ・ウェイ」

懐かしいですね。
この作品はコレクションもしてなくって、「出来はともかく!」もう一度観たい作品の一つです。
覚えているのはラストのマラソンのところと、お父さんがとにかく傍若無人だったところでしょうか(ひょっとしたら傍若無人だったのは続編の方だったかもしれませんが)。(^^;
音楽が好きで、じーんとしながら観てました。

うちのVHSはもうおしゃかで、こんなに撮り貯めてんのどうすんの?って感じです。(^^;
いっぱい撮っていたころの作品って、DVD化されていないのっていっぱいあるんですよね。

白くじらさん、こんばんは☆

  1. 2017/02/13(月) 18:46:48 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「マイ・ウェイ」
> 懐かしいですね。
> この作品はコレクションもしてなくって、「出来はともかく!」もう一度観たい作品の一つです。
> 覚えているのはラストのマラソンのところと、お父さんがとにかく傍若無人だったところでしょうか(ひょっとしたら傍若無人だったのは続編の方だったかもしれませんが)。(^^;
> 音楽が好きで、じーんとしながら観てました。

初見時は映画館でしたか?
私はスクリーンの様子や友人の顔等、何もかも覚えていたのですが
内容は全然覚えていませんでした(笑)。

> うちのVHSはもうおしゃかで、こんなに撮り貯めてんのどうすんの?って感じです。(^^;

おしゃか、とは、再生する機械の事でしょうか?
機械がダメでも、私の利用しているレンタルVHSの会社では
そういう方のために機械も一緒に貸し出ししてくれるようですよ♪
こちら → http://k-plus.biz/

私は数年前に2台買って、その前のとで3台ありますが
段々調子が悪くなってきました、仕方ないですね~。

> いっぱい撮っていたころの作品って、DVD化されていないのっていっぱいあるんですよね。

先日、久しぶりにAmazonを見ていたら、
今まで絶対にDVDになっていなかった作品をいくつも
(なかには、日本ではVHSにすらなっていなかった作品も)
新しくDVDにして発売していましたよ~ビックリしました!

時々覗いてみるのも良いかもですね?
白くじらさんも先日思い出の作品がそうなっていたしね・・・
お互い、今後もどんどん発掘していきましょう~。


.

こんばんは。

  1. 2017/02/18(土) 21:45:14 |
  2. URL |
  3. 白くじら
  4. [ 編集 ]
初見時は、TVだったと思います。

おしゃかは機械の方です。
先ほどまで実家に帰っていたのですが、実家のデッキももう壊れていました。(T T)
機械のレンタルもあるんですね。ちょっとびっくり、でも壊したら弁償が大変そうですね。

私も時々アマゾンを覗いてみてます。
「満月」「火星年代記」「デッドリー・フレンド」「名探偵ベンジー」「野生のミジー」…などかな。他にもいろいあって、DVD化されているものも出てきているんですけど、結構高価だったりするんですよね。
せめて2000円くらいに抑えてほしいですね。(^^;

さっきも「名探偵ベンジー」とか調べていたらyoutubeにUPされていてびっくり。
残念ながら字幕がなかったのですが…ほぼ覚えているので思わず観てしまいました。(^^;

白くじらさん、こんにちは☆

  1. 2017/02/19(日) 09:55:11 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
再びのお出ましを有難うございます☆

> 初見時は、TVだったと思います。

そうでしたか、一時期はやりましたよね~!

> おしゃかは機械の方です。
> 先ほどまで実家に帰っていたのですが、実家のデッキももう壊れていました。(T T)
> 機械のレンタルもあるんですね。ちょっとびっくり、でも壊したら弁償が大変そうですね。

もう作らないということですので、
この先の事を考えると、何もかも全部DVDなりBDになるはずないし、
見ることができない作品をどうしようって感じですね!

> 私も時々アマゾンを覗いてみてます。
> 「満月」「火星年代記」「デッドリー・フレンド」「名探偵ベンジー」「野生のミジー」…などかな。他にもいろいあって、DVD化されているものも出てきているんですけど、結構高価だったりするんですよね。
> せめて2000円くらいに抑えてほしいですね。(^^;

2,000円はちょっと難しいかもしれません?
今現在公開してもしなくてもDVDになるのは、すぐに安くなりますが、

廃盤や今までなかったのは、需要が上回るのでね・・・
むこうもお商売ですし(笑)。

> さっきも「名探偵ベンジー」とか調べていたらyoutubeにUPされていてびっくり。
> 残念ながら字幕がなかったのですが…ほぼ覚えているので思わず観てしまいました。(^^;

youtubeって、かなりいろんな作品がアップされていますよね・・・
なんというか複雑ですが、それを切っ掛けにということもあるでしょうし・・・

私たちの若かったころは
映画館かテレビのオンエアをその場で見るしかなく、
今のように選べなかったけど、
そういう時期を過ごしただけに有難みも分かりますし、
あの時期の方がこころ豊かだったような気もします・・・

一発勝負で、見逃せないという真剣みは、
残念ながら、巻き戻しができた瞬間になくなりましたものね・・・

これからも映画のお話、いたしましょうね~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -