FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1611  お早よう

  1. 2012/05/02(水) 23:00:00_
  2. 小津安二郎
  3. _ comment:0
お早よう  1959年・日本



お早よう
 




 
.


2012年5月2日(水)  BS3

監督 小津安二郎  
主演 あの子たちだと思うよ☆

感想
みなさ~ん、今月のおずですよ~!って笑いもんにしていたけど、
実際この話は、今までのおずと違ってマジに良かった。
良いというか、面白くて、あれこれ違うし、同じようなつくりだけど、
一人ずつの感じが違って、やっとふつーの世界まで降りてきたような感じがありました。

あの子たちも面白いし、両親(しかも笠智衆が父親!)隣近所(関西の文化ふうな建物)
先生やおまわりも皆どことなく面白い。

一番面白かったのは、杉村春子の母親役の独り言、
あれはマジに私も言いたいような事、言いきって、それを、解説で色々と言っていて、
この枠で解説見るのも珍しく、まさか保存するなんてね~自分ながら思います。

今までのおずは、今の人には作れないけど、この映画は、今の人に伝わっているとおもいます。
おずは東京物語、ではなく、おずはお早よう、だな、って思いました。

ちょっとおならが下品だったし、終わり方が凄かった、パンツ3枚。
お前なんか死ねとか子供に言うし、どうしようもないけど、
でも、何と言うか、本気ではなくそういう事を言っても許される時代なんだな~って感じでした。



再見時感想はこちら  →  お早よう(59・日)(2回目) ・・・ 2-1611




<<2-1612  ジャッカル | BLOG TOP | 2-1610  かいじゅうたちのいるところ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -