FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-623  ファイティング×ガール

  1. 2010/05/19(水) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
AGAINST THE ROPES  (ファイティング×ガール)  2004年・アメリカ



ファイティング × ガール




 
.


2010年5月19日日(水)  CS

監督 チャールズ・S・ダットン
主演 メグ・ライアン (ジャッキー・カレン役)
共演 オマー・エップス (新人ボクサー役)

感想
すっごい良かった☆
ラスト前からラストにかけて「キレイ事」と思えない事もないけれど、
やっぱり人の心を溶かすのは、長い話やお金ではなく、
短くても、真っ直ぐに目を見て、その人の事を心から思い、
その人にハッキリと伝える“愛の言葉”だと思います。
そして、言葉のない、愛の言葉・・・目で伝わること・・・

チャンピオンベルトを持ってきて、クラップして、みんなに広がるところ、素晴らしかった。
あの意地悪なヤツも、ちょっとは心動かされたんだね、何といっても勝ったんだから。

最初の方で女子だからと邪魔にされたり、
本当に70年代に入ったって、男尊女卑はどこにでもあったんだよね?
最近では行き過ぎの部分もあるけど、男女ではなく、人間として、
そしてボクシングを指導したい人には指導者としての資格さえあれば
性別は問わなくて良いと思う。
資格とは、ちゃんと指導する事・・・それを最初から女はダメとは言ってほしくない。

ジャッキーが普通にOLやっていても、やっぱりボクシング関係の会社に居るってことは、
それが好きで、子供の頃の心を持ち続けているということで、叶って良かったね、夢が。

そこまでの色々な事や「ロッキー」のようなシーンもない事はないけど、
まぁ秀作の方だと思いました。
メグ・ライアンは可愛いけど、やれそうな気もしてくるから不思議。
最初は本人がやるのか?とタイトルで思ったけど、指導者、マネージャーって凄いよね。

男女以外でもホワイトとブラックの事やいろいろとあったね・・・
才能があれば伸ばせる機会が欲しいよね・・・。

あと何か思い出したら書きます。
1972年子供・叔父ボクサー・父親ジム経営
今クリーブランド





<<2-624  マイ・ブルーベリー・ナイツ | BLOG TOP | 2-622  レディ L >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -