FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-615  灰色グマの一生

  1. 2010/05/12(水) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
KING OF THE GRIZZLIES  (灰色グマの一生)  1969年・アメリカ



灰色グマの一生





 
.


2010年5月12日(水)  BS2

監督 ロン・ケリー
ナレーター 堀内賢雄

感想
最初の方は良かったんだけどね・・・だんだんこれはヤラセそのもののような感じがしてきて、
同じ熊を何年も追いかけていたようには思えなくて、
特に人間が出てきてからは、人間を使うという事は、やっぱり俳優で、演技で、
ドラマなんだなぁという感じがするので、残念な感じ。

とっても素朴な質問だけど、灰色熊と言うけれど、私が見ただけでは茶色熊としか思えないけど?

これはお話だなぁ、アメリカ人の子供に向けた・・・歌も出てくるし、
ネイテイブの話も出てくる・・・とても良い教訓とかそういうモノを訴える・・・んだなぁ。

「子熊物語」が成功したのは、1年間を追った話だからだな、と悟りました。

しかしラストシーンの力強さと爽やかさに心もウキウキ・・・
ラストシークエンスが良いのでしょう。
アメリカの子供たちに、色んな事を教える為に作った作品なのですネ。

俳優達の演技が滑稽。
動物は多分色んなシーンを撮って、つなぎ合わせたんだと思うけど、
動物は素晴らしかったね。
色んなシーンをとる事そのものが御苦労で大変だと思うけど、
「子熊物語」は、映画のために動物を傷付けなかったと書いてあってホッとしたけど、
これは結構死んでいたね・・・映像のためにではないと信じたいけど・・・。





<<2-616  ボルベール   | BLOG TOP | 2-614  ぺリ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29