FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-611  続・菩提樹

  1. 2010/05/09(日) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
DIE TRAPP-FAMILIE IN AMERICA  (続・菩提樹)  1958年・西ドイツ



続・菩提樹





 
.


2010年5月9日(日)  BS2

監督 ヴォルフガング・リーベンアイナー
主演 ルート・ロイヴェリック  (マリア役)
    ハンス・ホルト  (トラップ大佐役)

感想
美しい音楽は国境も時代も超えて、人の心を打ち、涙を自然に流させるもの・・・
あのアルプスの山を越えた後の日々を、こうして、今、ドイツ語で見られるのは本当に幸せです☆
「サウンド・オブ・ミュージック」は素晴らしいエンタテイメントだけど、事実はこれに近く、
苦労の連続・・・でも音楽はいつも人の心を溶かす・・・

「野ばら」の主演の二男が、やはり特別扱いだものね。 歌、うまいし。
聖歌ではねぇ・・・。

この人たちのこの後の話も明日ネットで見てみよう。
映画については、続編があって良かった。
トントン拍子に行かなかった事が、真実と思えるし、
あの金持ちの婆さんがうまい事やってくれて、本当に良かった♪
あの爺さんがドイツ語が分からなくて、いつもイイ顔しないんだけど、
ダーリン、っていうところが面白い!

あの婆さんがドイツ語の歌を聞きたいと言って、敵国の歌だと夫が言ったけど、
マリアも神父も音楽には罪がないと言い、歌って、泣いて、
沢山の人が事務所から出てきて、本当に良かった。
「サウンド~」に神父が居なかったのでうまく騙されたけど、
よく考えれば、家族で歌う程度では商売になるわけないものね。
ああいう厳しいレッスンがあってこそなんだよね?
そう思った。

とにかくこの2本を見て良かった。 心から感謝です♪



「菩提樹」は前の記事です。




<<2-612  砂漠は生きている | BLOG TOP | 2-610  菩提樹>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -