FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-610  菩提樹

  1. 2010/05/09(日) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
DIE TRAPP-FAMILIE  (菩提樹)  1956年・西ドイツ



菩提樹





 
.


2010年5月9日(日)  BS2

監督 ヴォルフガング・リーベンアイナー
主演 ルート・ロイヴェリック(マリア役)
    ハンス・ホルト(トラップ大佐役)

感想
最後の最後の子守唄は、私がいつも歌っていた歌・・・

苦労したんだね、お金もなくなって、歩いて山越えして、入国審査でもイヤな目にあわされて・・・。
続編を期待しています。

「サウンド・オブ・ミュージック」は、ものすごいきらびやかな作品になっていたけど、
事実はこちらに近く、淡々と進んでいったのでしょう。
イボンヌも、あちらの男爵夫人のような事もなく、でも彼女がきっかけで結婚出来て、お互い
良かったんだね。
いちいち歌で飾る作品はミュージカルで、この作品は、オーストリアを愛した人が作ったのだと思います。

大佐役の人は見た事あるけど、オジサンっぽいけど、まあ事実はこんなもんでしょう。
ホテル経営までして・・・
マリア役の人は「朝な夕なに」の人で、好感度高い人だよね、
質素な修道女、子供は遊んで育つと知る家庭教師・・・
使用人や周りの人の描写もこちらの方が好感ある。
神父さんは知らなかったけど、居たんだろうし、
これは芸能映画の一連としてアップされたんだろうか?

14才の中3のあのパンフレットに書いてあった映画、
きっと見る事は出来ないと思い込んでいたのに・・・本当に良い時代になりました。




「続・菩提樹」は、次の記事です。




<<2-611  続・菩提樹 | BLOG TOP | 2-609  歌え!ロレッタ 愛のために>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31