FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-577  大いなる遺産

  1. 2010/04/13(火) 23:00:00_
  2. デヴィッド・リーン
  3. _ comment:0
The Great Expectations  (大いなる遺産)  1946年・イギリス



大いなる遺産





 
.


2010年4月13日(火)  BSNHK

監督 デビッド・リーン
主演 ジョン・ミズル(ピップ役)

感想 (ほぼあらすじ・笑)
結構古くて汚いフィルムだったので、最初はギョッとして、見るのをやめようかな~?とか
思ったくらいで・・・でもD・リーンだし、見ようかな?って思って、
見ていたら、最初の方でものすごく怖くて、墓場に少年に、脱走兵だもの・・・
まぁそこも何とか乗り越えて、翌朝の事も怖かったけど、
結局つかまってホッとしたけど、船に乗せられた後に、何回も振り返るから、何か印象的だった。
(パイなんかを自分で盗んだと少年を庇ったし)

そして姉があっけなく死んで(ここのところの描写が薄い!)
何故かそのまま義兄と新しい奥さんと暮らして、この二人が超善人で!
そしたら急に大金持ちのおバンの気まぐれに付き合わされることになったけど、
そこで初恋もして、これらが全部描写が薄いんだけど、
この映画はいちいち厚くやっていたら12時間くらいになるからあれでちょうど良かったし。
14歳から20歳まではすっ飛ばしで、急にオジサンになってしまって(笑)

そして急な遺産相続の話・・・私はすぐにあの脱走兵だとピンと来たんだけど、
でもどうやって財産築いたのかなあ?って疑問だった。
ロンドンに行って、弁護士が良い!
庭で会った子との再会、社交の事やら何やらかんやら・・・
途中で義兄が訪ねてきたところの描写は良かったかな?
馬車に乗っている時の気持ちとかも・・・
育ててもらったのに、恩知らずだとも思ったけど、心が痛むのも分かったし・・・
田舎での再会、おバンとエステラ、特になし、初恋は今も燃えるけど、ちょっと疑問でもある

ロンドンに戻り、エステらとの事いろいろ・・・
ついに遺産をくれる人が分かり、ココから急にミステリータッチになる。
船が壊れて捕まるところまでの息つまる描写は流石のD・リーンだと思った。
すごく良かった。(おバンの死の事も)

破たん、脱走兵の死の看取り場面は泣かせる・・・
エステラの正体(ほぼ分かっていたけど)
倒れ、助けてくれたのはやはり義兄・・・

田舎での心身ともに回復してゆく描写・・・義兄夫婦が良いね~!
でも自分はいつまでも素晴らしいスーツ着てバカか?

あのお屋敷へ・・・
多分そこに居るだろうと思った通りだったけど、再会できてお互い良かったんだと思う。
カーテンをとり、ほこりだらけ、窓を開け、
そしてあの素晴らしいラストシーンへ・・・大いなる遺産は、屋敷でもお金でもなく、
健全な心と身体、そして愛する人との未来、だったんだね~!

ディケンズの原作は、確かにもっともっと重厚だと思うけど、それを連ドラではなく
2時間の映画にするのは、たやすくないと思うし、これで良かったわ~☆





<<2-578  S.W.A.T. | BLOG TOP | 2-576 フロム・ヘル>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -