FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-224)  コールガール  (2回目)

  1. 2010/02/18(木) 23:00:00_
  2. アラン・J・パクラ
  3. _ comment:0
再見  KLUTE  (コールガール)  1971年・アメリカ



コールガール 新画像




 
.


2010年2月18日(木)  BSNHK

監督 アラン・J・パクラ
主演 ジェーン・フォンダ / ドナルド・サザーランド

感想
この雰囲気・・・「チャイナタウン」と同じ匂いがする・・・
再見と言ってもホトンド覚えていない作品、初見と同じ感覚。
何故、クルートを信じられなかったんだろう? 怖いメにあうのに・・・。
(信じれなかったんじゃないね、前の感想の通りだわ)
途中から犯人が分かるようになっているけどね、怖いよね、犯人との接触のところが本当に怖い。

金のある男で、性的な異常者は、恐ろしい・・・雇った人間が犯人だなんてね。
大きなビルの大きな部屋で、妄想や盗聴にふける・・・こわー!

でもクルートと彼女(ブリ―)の間には、やっぱり「温かい絆」があったのかもしれないと思うのに・・・。
邦題はやっぱりヒットを狙ってだろうか? 
原題もいまいちだけどね・・・。

アラン・J・パクラって、他の作品も見ているよね?
前の感想文も読もう! 
しかし高校生では何も分かっていなかったのかも?
今の私でも、ホントは分かっていないのかもしれない。

ジェーン・フォンダってうまいよね。
アイリーン殺しの音を聞かせるなんて・・・突然襲いかかるから! やめて~!
間に合った~!良かった~!やった~!
やっぱり犯人が分かっていたんだね、クルート、だから原題なんだね、すごいよね。

対決の場面、犯人が自殺する場面、3人とも、目の演技がすごいよね~!

ラストが良かった、きっともう街へは戻らないよ。
二人ならうまくいくよ、きっと。
もう精神科医もお爺さんのパトロンも要らないよね。

やっぱりヒモのフランクは見たことあると思ったんだけど、ロイ・シャイダーだった!

いやいや、高校生の時の感想文の方がしっかりしていると思い、ビックリした。
今の方がうまく書けていない!
ショック~!



初見時感想 → こちら





<<(1-482)  陽暉楼  (2回目) | BLOG TOP | 2-517 イヴの総て>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30