FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


293・Keiko    1979・JAPAN

  1. 1980/04/06(日) 17:30:00_
  2. クロード・ガ二オン
  3. _ comment:0
↓ この3本立ての前売り券の画像です。

keiko前売り

↓ 現在入手出来るDVDの画像です。

keiko

映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1980年4月6日(日) シネ○○にて (3本立て) (19歳)
監督 クロード・ガデオン
   若芝順子

いっとう 見たかった 映画です ふつうのOL(23才だけど)
クロード・ガデオンの見た 日本を 知りたくて




 
.


感想
すごく期待に答えてくれました。
これこそ と思うよ 日本映画 こう 描写というか ことば使いも
音声も 行動も さつえいも 設定も すべて いい
keikoって ふつうの子で おだやかで でも つまらない まいにちで
23才に なっても バージンで そして あこがれた人がいて
うまくいって でも 奥さんいると 知って
泣いて 別れて ひとり 会社の 人たち 男の人 やさしくも してくれて
そして和代 ふたりぐらし 実家のこと 父おやの すすめる人と
けっこん・・・よくある話かもしれんね どれも これも
さいしょの 映画館の シーンが よくわかったし
「ほれた男がいてね」 そのセリフ そして 他の人なんて

和代との ふたりぐらし 絵と バイクと
・・・ラストは うそっぱちの 純白のドレス
あんな女の人 多いんだろうな

おわったあとの キャストや スタッフの でるとこは
とても いろいろ 思ったけど・・・

でも とっても よかった ホントに
これが・・・



**********************



2009年9月:追記

この映画は「10年間のベスト10」にも、たった1本入っていた邦画で、
大好きな映画です。一度しか見ていないけど、ほとんど全て覚えています。

映画というより、ドキュメンタリーみたいで、記録映画ふうな作りです。
クロード・ガデオンさんはこれが監督デビュー作で、
今でも、カナダで監督としてご活躍の様子です。

まあ話的には普通のOLではない人が見てもつまらない内容だと思いますが、
当時の私には、ピッタリ合ったのでしょうね。
今の私から見るとどうか分からないけど・・・。

今回、DVDが発売になっていると知り(2008年)本当にビックリしました☆
買ってしまいそうです・・・。



**********************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=146912



再見時感想はこちら  →  keiko(79・日)(2回目) ・・・ 1-293  
 



<<294・もう頬づえはつかない  1979・JAPAN | BLOG TOP | 292・サード   1978・JAPAN>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -