FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-487  欲望という名の電車

  1. 2010/01/19(火) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
A Streetcar Named Desire  (欲望という名の電車)  1951年・アメリカ



欲望という名の電車




 
.


2010年1月19日(火)  BS NHK

監督 エリア・カザン
主演 ビビアン・リー / マーロン・ブランド

感想
テネシー・ウイリアムスの戯曲(原作と脚本)って印象悪くて(熱いトタン屋根の猫)
イヤイヤ見たんだけど、良かった、迫力のある映画だった。
もちろん原作は舞台だろうし、ほぼ一ケ所の場所で、すごいよね~!

私の心に残ったセリフ
2階のおばさんが、夫が姉と寝たと知った(まだ半分疑いの状態の)ステラに言う
「人間は生きなきゃいけないの」「何があろうと生き続けなきゃ」・・・という言葉

ビビアン・リーの役のブランチは精神病院送りだけど、田舎で沢山の人を一人で見送って、
お金がなくなって、男漁りして、それも夫さえ生きていれば・・・ね
ミッチを騙せなくて、キレてかわいそうだったけど、やっぱりスタンリーのせいだね、最終的に狂ったのは。

ステラは(実家から)うまく逃げたから、姉を捨てる事は出来なかったのよね・・・
スタンリーと愛しあっているんだよね・・・子供っぽい意味で、だけど。
赤ちゃんともう戻らないというけど、結局は一人では生きられないんだろうなぁ・・・
だって戻らないと言いながら、行先はあの2階なんだもの。
キム・ハンター、素敵な女優だと思った。

さて、スタンリー、こういう男っているんだよね、いたし。
モノ壊さないで欲しいし、大きな声出さないで欲しい、ステラはアホかな?
マーロン・ブランドってああいうキチガイ系(情熱系)の男の役ばっかりだよね
暴力が男らしさの代名詞だなんて、バカな時代だったし、それにピッタリ合う俳優だよね。

スタンリーはステラを愛しているというか、
お母さんと一緒で「そばにいて」という思いなのだと思う。
決してステラと二人(赤ちゃんと3人)だけの生活では、多少のはめ外しはあっても、
暴力とか色々とイヤな点を自分で上手に隠せられる、普通の人間だと思うの。
ブランチ、という強力なライバルが現れて、一気に嫉妬の嵐で、
そう本当に「俺の女」そういう気持ちなのよね・・・。
ステラは帰ってくるだろうか???

ビビアンリーは30過ぎた(今なら50過ぎた?)女の役が上手だった。
確かに美しいけど、皺とかあるし(メイク?)心を病んでいる、アル中の、
でも、普通に育っていたのに、父の死から・・・妹が上手に逃げて、ホントに苦労したんだと思う。

ラストに精神病院のオジサンの腕をとって幸せそうだったから、
病院で上手にされれば、きっとそれなりに幸せに死んでいけるのかもしれないね・・・

「熱いトタン屋根の猫」の リズとニューマンが、ここではリーとブランド、
そして「熱い~」のエコひいきされて可哀そうだった役柄に合うのが、ステラだろうね・・・
テネシー・ウイリアムズがどんなに評価を受けているか知らないけど、
この人は男、とか女、にこだわって、人間をうまく描いていないと思う。
偉そう?ううん、私なりの思い。

もちろん時代が違うから、一概に、どうこうは、言えないけどね。

うまい演出は、あの二人がどうなったかハッキリと分からないあの時点から、
次のシーンは道路を洗う水と、赤ちゃんの姿・・・
そしていつものポーカーにあの男たち、そして2階のおばさんとステラのシーン。

舞台がニュー・オーリンズとは、知らなかったです☆
本当にそういう名前の電車だとはビックリした。
比喩だと思い込んでいたから、まぁある種の比喩だろうけどね。
最後の20分で、怒涛の進行。
あの発作が怖い。




<<2-488 神々の王国 | BLOG TOP | 2-486  いまを生きる>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -