FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-456  ワーキング・ガール

  1. 2009/12/21(月) 23:00:00_
  2. マイク・ニコルズ
  3. _ comment:2
WORKING GIRL  (ワーキング・ガール)  1988・アメリカ



ワーキング・ガール




 

.


2009年12月21日(月)  BSNHK

監督 マイク・ニコルズ
主演 メラニー・グリフィス / ハリソン・フォード / シガニー・ウィバー

感想
途中で日曜日、見られなくなったんだけど、やめようかな?と思ったけど、
見続けてホントに良かった☆

でも、そりゃ彼女はキャリア志向で、それで良いと思うよ・・・
でもね、秘書だって立派な仕事なんだよ、何だい!って思ったよ。

彼女は見た目も完璧で学歴も夜学で努力して、キャリア志向なのに、
あんな男と同棲していた事がまず信じられない!

上司の人、滑稽ともいえるけど、すっごく上手で、演技が!
ハンソロは背広着て変な感じもしたけど、イイ男だし、演技もまあまあ。

途中の男とイザコザがあって、プロポーズされて「メイビー」と言ってやんわり断る?ところ?
すごく嫌な感じで、その後きちんと別れたり、男が新しい女と一緒になってゆくところなどは、
すっごく実感こもっていた・・・OL仕事も愛もなくして・・・
それでハンソロかよ~?って感じもあるよね~?

ラストあたりのバレて、解雇されて、出てゆくときにあの一軍に会って、大チャンス☆
大きな会社の社長さんって、やっぱああじゃなきゃダメよね~!
そして真実が勝つところ、怒涛の流れ・・・

ラストにあの部長部屋で電話していて、沢山の窓が引いてゆくところ、監督さん上手ね。
グッドカンパニーに似ている描写?かも???
まあ決して秘書をバカにしているわけではないと分かっていても、ね、ちょっとムカついたのです。




<<5月に初めて見た映画たち (ノートからの転記はお休み中です) | BLOG TOP | 4月に初めて見た映画たち (ノートからの転記はお休み中です)>>

comment

コメントありがとうございました

  1. 2019/07/17(水) 08:41:10 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>彼女は見た目も完璧で学歴も夜学で努力して、キャリア志向なのに、あんな男と同棲していた事がまず信じられない!

ここは私も気になりました。たぶん自分が認められると舞い上がっちゃうタイプで、あの男に熱烈アプローチされてつきあい始めたんでしょうね…。ラストで能力を認められてキャリアウーマンの仲間入りを果たしたから、この欠点は改善したと思いたいです(汗)

>ラストあたりのバレて、解雇されて、出てゆくときにあの一軍に会って、大チャンス☆
>ラストにあの部長部屋で電話していて、沢山の窓が引いてゆくところ、監督さん上手ね。

ここら辺はとてもよかったですよね。決定的な証拠というと上司の留守電?のメッセージかなと思っていたら、着想を得たきっかけの記事とは…。電話で友人に報告するくだりも幸せいっぱいで、とても爽やかな終わり方でした。

宵乃さん、こちらにもコメントを有難うございます☆

  1. 2019/07/17(水) 17:33:47 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> ここは私も気になりました。たぶん自分が認められると舞い上がっちゃうタイプで、あの男に熱烈アプローチされてつきあい始めたんでしょうね…。ラストで能力を認められてキャリアウーマンの仲間入りを果たしたから、この欠点は改善したと思いたいです(汗)

どこか抜けていないと映画にはしにくいから仕方なかったのかもしれませんね?
と、10年経った今は思えます。
当時は必至だったので・・・お恥ずかしい(笑)。

> ここら辺はとてもよかったですよね。決定的な証拠というと上司の留守電?のメッセージかなと思っていたら、着想を得たきっかけの記事とは…。電話で友人に報告するくだりも幸せいっぱいで、とても爽やかな終わり方でした。

内容はほとんど思い出せないのですが、最後に彼女が電話していて
カメラが引いてたくさんの窓が見えてくるところはハッキリと覚えています!

宵乃さんとお話しできたし、次のオンエアは再見のチャンスかもしれません?
こちらも有難うございました☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -