FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-450  踊るマハラジャ☆NYへ行く

  1. 2009/12/12(土) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
THE  GURU  (踊るマハラジャ☆NYへ行く)   2002年・アメリカ/イギリス/フランス



踊るマハラジャ☆






 
.


2009年12月12日(土)  地デジ民放

監督 デイジー・フォン・シャーラー・メイヤー
主演 ジミ・ミストリー / ヘザー・グレアム

感想 
楽しく踊れて素敵な映画☆
気持ちが落ち着くというか、「チャイナタウン」の後はこういうのが良いね~!

セックス、という言葉が何回も出てくるけど、恥ずかしいというより、あっけらかんとしていて、
ホントすーっとその世界に入れる、不思議なインドの踊り?

AV女優の彼女がホントに健気で可愛らしかったし、
最後の20分くらい?急にドラマが盛り上がって、すごい方向へ行くところ、すっごく良かった☆

何といってもラストの車が空へ飛び、皆が下で踊るところは、本当にウキウキしてきたし、
結婚式場で、「お互いに本当に愛する人が迎えにくる」ところ・・・
新郎のお母さんはお気の毒だったけど、あれで良かったし、
直前に相談の電話かけるところも笑えたね、お互い知らないままで。

あと側近の人も「ちぇ、金儲けが」と言いながら、友だちのために車走らせてくれるし♪
最初の汚い部屋が、お金儲けるとどんどんキレイになって、とうとう引っ越して・・・。
もう一人の女性の事も、結局自分の中から、それが出来たんだから、
君がグルだよ、ってすごくよく分かったし、彼女も親も傷つけなくて、良かった。

そうね、こういうB級っぽい作品でも、吹き替えでも、
そういうのを見たいと心が必要とする時には、ぴったりはまる、それが映画の不思議です。

この映画には愛があるのよね!
この映画、とにかく、プロポーズと同じように、心がうきうき優しくなれる、とっても素敵な作品でした。




<<2-451  王になろうとした男 | BLOG TOP | (1-420)  チャイナタウン  (2回目)  (旧タイトル:再見・チャイナタウン)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -