FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-404  ママの遺したラブ・ソング

  1. 2009/10/19(月) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
a love song for bobby long  (ママの遺したラブ・ソング)  2004年・アメリカ



ママの遺したラブ・ソング




 
.


2009年10月19日(月)  BS民放

監督 シェイ二ー・ゲイベル
主演 ジョン・トラボルタ / スカーレット・ヨハンソン

感想
最初のシーンの酒場から、ヨロヨロとボビーが出て、明るい空が見えた時、ビックリしました。
この映画は四季を通じての舞台だけど、四季それぞれに、空と雲が美しくて、
お花や川や自然の全てが、生き生きとしている!
ニュー・オリンズって、すごく美しい場所なんだね!

スカーレット・ヨハンソンは今年3本目で、だんだん若くなるけど、
まさか18歳には見えなかったけど、段々見えてきたのは、
最初はすさんだ生活をしていたからだと気付いた。
二人の先生に教えられて、素晴らしかったね~!

お花を育てる人が父かと思い込んでいた・・・この邦題は良くないね、
ママとなると、この映画には出てこない、写真ひとつマトモには出てこない、ママが目立つけど、
そうじゃないのよね、あくまでも3人。

そしてラストシーンで、両親のお墓が隣通しで、彼と手をつなぎ、
彼女が大学に通っている勉強しているという感じがものすごく良かった。
両親なんだ・・・そう思うと、ちょっと前まで母親さえ居なかった彼女が!と。

色々な話の流れがごく自然で良いと思う・・・彼女のいけすかないバカ男の事も。
あの家がだんだんキレイになるのが、ムリやりっぽくなくて良いし!
あの彼は素敵だね、大スターに似ている人がいた?

落ち着いて考えればまだ出てくるかもしれないけど、
一昨日のどうにもならない映画と、
昨日の重すぎる映画と、そのどちらとも違う、
温かい想いを残す、押しつけがましくない話、気持ちが軽くなって、本当に見て良かった☆

ジョン・トラボルタは、昔知らないけど、良い俳優になったんだと思えるよ。




<<2-405  コーラス | BLOG TOP | 2-403  デイズ・オブ・グローリー  (旧gooブログの記事) >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29