FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-396  恋をしましょう

  1. 2009/10/08(木) 23:00:00_
  2. ジョージ・キューカー
  3. _ comment:0
LET‘S MAKE LOVE  (恋をしましょう)  1960年・アメリカ



恋をしましょう




 
.


2009年10月8日(木)  BS NHK

監督 ジョージ・キューカー
主演 マリリン・モンロー、イブ・モンタン

感想 
メイク ラブ、という英語を「恋をする」としたのは、この映画からかな?
今では そういう意味ではない意味で使われているみたいだけどね!
それに恋はやっぱりするものではなく、落ちるものだと思うから・・・。

ジョージ・キューカーね、確かミュージカルの名匠?
後で調べるわ。

マリリン・モンローの精神おかしいギリギリの作品とか聞いたけど、
そういう感じよりも、この映画はイブ・モンタンが得をしていて、
途中というか終盤、急にアマンダが彼を好きなのか?
私にはよく分からなかった。

教会の人も父親とは思えないし???
あと、トニーのことも、まあトニーは役者仲間、ならそれでも良いけど、キスしていたし???

たしかにアマンダは誰をも心配するような、マリリンらしい役柄だけど、
それにしてもおかしいと思った。
だから多分脚本に問題があるような気がする、監督兼任かな???

あと、「五線譜のラブレター」の作曲家が作ったのがこのミュージカルなのか?調べなくては、
映画はその舞台を劇中劇にした、別物のような気がするけど?

マリリンは可愛らしいし、女性の魅力全開で、世界の恋人、という表現は本当に良く分かる・・・
時代が悪かったと思うの、今なら、もっと健康を考えるブレーンがついて、
息の長い役者になれたと思う。

歌もうまいし、演技も下手ではない、演技以前に出てくるだけで、男性のみならず、
女性も誰もがうっとりする魅力・・・
彼女以前にも彼女以降にも、誰もいない、そんな気がします。
(ヘップバーンとかは意味(タイプ)違うし)




<<(2-360)  ラブ・アクチュアリー  (2回目) | BLOG TOP | 2-395  きみに読む物語>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29